FC2ブログ
RSS

敗戦の日(8月15日)

 日本はまだ、敗戦責任者に対し、責任を取ってもらうことができていない

 今日は、「終戦の日」つまり「敗戦の日」である。毎年この日になると、閣僚の靖国参拝に対して、中国、韓国の圧力がかかる。靖国にA級戦犯が合祀されているからだ。ただ、こんな海外からの圧力に屈しては、絶対いけない。もし参拝をやめたとしても、また別の言いがかりをつけてくることは、眼に見えている。
 しかし私は、違う意味で靖国に対しての参拝には、なにか抵抗がある。

 多くの人が誤解しているが、B、C級戦犯に比べて、罪が重いからA級戦犯と言うのではない。(東京裁判で)いわゆる、「平和に対する罪」で、有罪となった人である。B、C級戦犯は、それぞれ「通例の戦争犯罪」、「人道に対する罪」であって、直接にはこちらのほうが残忍である(無実が多かったのだが)。罪状の名目が違うだけだ。
 言うまでもなく、いい加減な罪状である。だが、戦勝国が敗戦国を蹂躙したことを、今更とやかく言ってもはじまらない。

 それよりも大多数の日本国民にとっては、戦争に負けたことのほうが大きい。とくに戦後以降の国民は、大きな負の遺産を背負い込まされた。国土は米軍に占領され、航空機や兵器の自主開発もままならず、「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」などの冤罪を次々と持ち込まれる。洗脳教育のおかげで、自主憲法の制定、再軍備もできない。汗水たらして稼いだ金は、怪しげな金融工学で詐欺のごとく吸い上げられる。あげく来年からはTPPで、ケツの毛まで抜かれる。いつまでたっても、戦勝国アメリカの言いなりである。
 つまり日本は、あの戦争に負けたことで、徹底的に搾り取られているのだ。これが延々と続く。
 そういう状態でありながら、日本がなぜ負けたのか、その総括がない。敗戦責任者に対し、責任を取ってもらうことができていないのだ。
 
 もとより、A級戦犯=敗戦責任者ではない。またBC級戦犯がいたから、負けたのでもない。極端に言えば、あの当時選挙権のあった国民すべてが、責任者である。現在90歳以上だろうか。
 その人たちから、戦後生まれの世代に対し、一言も「戦争に負けてすまなかった」という言葉を聞いたことがない。それどころか、「我々が戦争に行ったから、今の日本がある」と言う、開き直りしか聞こえてこない。先人の苦労を否定するものではないが、今の屈辱が永遠に続くと思うと、やりきれない。

 私自身はただ、敗戦責任者から戦後生まれに対して、一言謝罪の言葉が聞きたいだけである。中国・韓国みたいに、いつまでも根に持つことはない。謝罪さえあれば、気持ちを新たにつぎの段階に進める。
 つぎの段階?? もちろん、つぎの戦争に勝つことである。

 関連記事
 http://abegorou.blog.fc2.com/blog-entry-60.html
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :