FC2ブログ
RSS

錯覚の偽陽性

 人々を錯覚させ誤解を与えるマスコミの偏向報道に惑わされないようにしたい

 6月1日読売新聞は、全国の診療所で導入が増えている新型コロナ簡易検査キットで陽性だった人の9割が、別の検査で陰性だったという記事を出した。東大先端研のチームが、大型機器による精密検査で、再調査したのだという。

 記事によると、5月に福島県のひらた中央病院で、680人に対し簡易キットで検査したところ、58人が陽性だった。精密検査では、その陽性のうち52人は陰性だったという。簡易キットで陰性の人は、精密検査でも陰性だった。
 9割が間違いだったという報道を見ると、なにかとんでもないいい加減な検査キットだと思う。

                 タヌキの亡霊

 しかしこれこそ、人々を錯覚させ、誤解を与える報道の典型である。
 そもそも「抗体検査」は、過去の感染経歴を調べるものである。
 またよく考えれば、これまでのPCR検査も、決してそれ以上の精度が保証されているわけではなかった。
 つまり「精密検査」が正しいとした場合、680人中ほんとの陽性患者は6人で、陰性は674人であった。したがって、陰性を陽性とした偽陽性率は、52÷674=7.7%に過ぎない。

 もともとPCR検査でも、偽陽性者が10%程度いると言われていた(だから検査数を絞った)。したがって、簡易検査にしてはまずまずの精度ではないか。むしろ、陰性者はすべて精密検査で陰性だったなら、3割が偽陰性とされるPCR検査より、はるかに正確である。
 PCR検査を妄信していたから、海外の検査大国で感染が広がったともいえる。

 もっともこの場合でも、「精密検査」が100%正しいとは限らない。したがって、真の事実が究明されるのは、統計的に信頼できる確率が計算できるまで、疫学的な検査実績が蓄積されるのを待つしかない。

 つまりどのような検査も、使い方を間違えると、ひどい凶器になるのである。
 PCR検査拡大を謳うような、マスコミの執拗な偏向報道に惑わされないようにしたい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR