FC2ブログ
RSS

第2の流行に備える

 医者にとっての「不都合な真実」が表に出なければ、コロナウィルス対策はできない

 日本では、新型コロナ感染流行が、沈静化しつつある。
 ウィルスは無くならないので、やがて第2、第3の流行は必ず来る。その場合、われわれはどのように対応すればいいのか。

 これまで日本だけで、陽性者の数16,000件余りの臨床例が出ている。その成功例と失敗例(亡くなった場合)を調べる。
 たとえば、
①感染したときの状況
②どんな持病、基礎疾患があったのか
③本人の、身長、体重、血圧、血糖値、肝機能、腎機能
④潜伏日数
⑤発症したときの症状
⑥発症してからの行動(時系列に)
(安静に寝ていたか、会社に行ったか、気を使ったか、何回病院へ行ったか、解熱剤を呑んだか、PCR検査を受けに行ったか、どれくらいの時間移動や診察待ちしたか・・・など、できるだけ詳細な情報があるとよい)
⑦治癒するまでの経過及び日数

 いずれ、これらについての詳細な報告が出る(はずだ)。
 「検査や治療を受けず、何も食べず横になっているだけで、新型コロナに罹った人の99%は完璧に治癒する。」この仮説の正しさが証明できる。このやり方を実践すれば、こんどの大流行に備えることができる。
 ・・と、思っていた。

                姥桜から若桜へ R2.5.13

 しかしものごとは、そんな単純ではない。
 政府の専門家によると、隠れ新型コロナ患者は、10~20万人いる。ざっと、表に出た患者の10倍である。彼らの大半は、検査どころか医者にもかからず、自力で治していた(一部は医者の診断を受けていたと思う)。これらの例は、医者からはあがってこない。むしろ表の陽性者16,000人は、医者と検査で症状を悪化させた割合が高い。

 たいてい、真実は見えないところにある
 つまり、自力でコロナウィルスを退治した、隠れ感染者の事例を研究しなければならない。こちらの方が圧倒的に多い。かれらが「やれ医者だ検査だ」と騒いでいたら、確実に医療崩壊から感染爆発を起こしていた。
 その最大の功労者を、無作為の抗体検査で炙り出し、詳細なヒアリングを行うことが求められる。

 医者にとっては、既得権を脅かされる「不都合な真実」である。だが、この真実が表に出なければ、武漢ウィルスへほんとの対策はできない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR