FC2ブログ
RSS

新型コロナのPCR検査数

陽性者を処置する人たちが、ギブアップするときの数が限界である
 それ以上の検査や医療行為は、検査増を主張している人が責任を行うべき


 いつまでたっても、PCR検査数が少ないことの政権批判が止まない。
 野党や左翼マスコミが糾弾するのは、それしかネタがないからである。なぜPCR検査を増やすのか、まともな説明など聞いたことがない。やたら、「とにかく検査、検査を増やせ」と叫ぶだけである。

 TVなどで繰り返し叫ぶから、たくさんの人が感化される。かれらは、すこしでも体に異常が現われると、ただちに検査や治療を求めて、病院をうろつきまわる。病状を悪化させたあげく、しなくていい検査ばかり増える。
 そのため、ほんとに必要な検査や治療ができなくなる。←いまここ

                酔っ払いお断り

 もちろん、必要最小限の検査はやらなければいけない。
 では、検査数の最大は、どこまでやっていいのであろうか。

 一つは、絞り込み練度との関係である。
 はじめのころは、陽性確度(検査数に対する陽性者の割合)が低く、それこそ99%はムダな検査を行っていた。
 日本では世界最大のCTスキャン保有国である。それを活用した新型コロナの診断確率はどんどん上昇している。東京ではいっとき、50%まで上昇した。
 まもなく、精度70%と言われるPCR検査より、CTスキャンと合わせた医師の診断のほうが、診断確度が高くなる。この絞り込みの確度が80%くらいになれば、PCR検査をやる意味がない。
 これに関連する医者の腕前の数値化は、それこそ専門家にまかせたい。


 つぎに検査数は、検査崩壊・医療崩壊の限度までしかできない。それ以上は混乱と破滅を招く。検査待ちと検査を受け陽性になった人が溢れかえり、収拾がつかなくなる。
 ではどこが限度なのか。
 当該従事者が、ギブアップしたときである。件数はあまり関係ない。つまり陽性者を処置できる人たちが、「もうだめだ」と、声を上げたときが潮時である。

 聞くところでは、すでに医療機関から悲鳴が上がっている。
 だからいま、これ以上検査数を増やしたら、たちまち医療崩壊である。
 今の検査数は、そのギリギリで行っている。検査真理教の信者に突かれながら、保健所は健闘している。もっと絞っていいのだが、なにしろマスコミに煽られた検査難民がどんどん増える。自力で治るところ、こじらして重症化する人が増えてしまった。

 以上2つの要件内で「ほどほど」行う検査が、妥当な件数である。
 
                 アベノマスク

 何度もかくが、検査で病気は治せない。
 検査より重要なのは、医療能力の拡大である。マンパワーの拡大と、治療技術の向上である。このマンパワー、すなわち検査及び医療従事者をどうやって増やすのか。
 病気は新型コロナだけではない。それでなくとも医師不足が叫ばれており、その資源を集中させたら、もっと被害が大きくなる。

 したがって検査や医療行為は、検査を増やせと主張している人にまかせればいい。
 全自動検査器を使えば簡単にできるという人、検査機器は余っているという人は、御託を並べず、(楽天のように)ご自身でやるべきである。できない言い訳は聞きたくない。

 また医療機関では、医師や看護師でなくてもできる仕事がたくさんあるはず。それを強制労働か徴兵制を駆使して行う。

 いまの日本で、強制的に国民の職業を代えさせるという、荒療治ができるであろうか。
 それができなければ、「中途半端」という、最悪の事態になるのである。
 やはりコロナ感染の場合は、何もしない方がいいと思う。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR