FC2ブログ
RSS

新型コロナのPCR検査数

陽性者を処置する人たちが、ギブアップするときの数が限界である
 それ以上の検査や医療行為は、検査増を主張している人が責任を行うべき


 いつまでたっても、PCR検査数が少ないことの政権批判が止まない。
 野党や左翼マスコミが糾弾するのは、それしかネタがないからである。なぜPCR検査を増やすのか、まともな説明など聞いたことがない。やたら、「とにかく検査、検査を増やせ」と叫ぶだけである。

 TVなどで繰り返し叫ぶから、たくさんの人が感化される。かれらは、すこしでも体に異常が現われると、ただちに検査や治療を求めて、病院をうろつきまわる。病状を悪化させたあげく、しなくていい検査ばかり増える。
 そのため、ほんとに必要な検査や治療ができなくなる。←いまここ

                酔っ払いお断り

 もちろん、必要最小限の検査はやらなければいけない。
 では、検査数の最大は、どこまでやっていいのであろうか。

 一つは、絞り込み練度との関係である。
 はじめのころは、陽性確度(検査数に対する陽性者の割合)が低く、それこそ99%はムダな検査を行っていた。
 日本では世界最大のCTスキャン保有国である。それを活用した新型コロナの診断確率はどんどん上昇している。東京ではいっとき、50%まで上昇した。
 まもなく、精度70%と言われるPCR検査より、CTスキャンと合わせた医師の診断のほうが、診断確度が高くなる。この絞り込みの確度が80%くらいになれば、PCR検査をやる意味がない。
 これに関連する医者の腕前の数値化は、それこそ専門家にまかせたい。


 つぎに検査数は、検査崩壊・医療崩壊の限度までしかできない。それ以上は混乱と破滅を招く。検査待ちと検査を受け陽性になった人が溢れかえり、収拾がつかなくなる。
 ではどこが限度なのか。
 当該従事者が、ギブアップしたときである。件数はあまり関係ない。つまり陽性者を処置できる人たちが、「もうだめだ」と、声を上げたときが潮時である。

 聞くところでは、すでに医療機関から悲鳴が上がっている。
 だからいま、これ以上検査数を増やしたら、たちまち医療崩壊である。
 今の検査数は、そのギリギリで行っている。検査真理教の信者に突かれながら、保健所は健闘している。もっと絞っていいのだが、なにしろマスコミに煽られた検査難民がどんどん増える。自力で治るところ、こじらして重症化する人が増えてしまった。

 以上2つの要件内で「ほどほど」行う検査が、妥当な件数である。
 
                 アベノマスク

 何度もかくが、検査で病気は治せない。
 検査より重要なのは、医療能力の拡大である。マンパワーの拡大と、治療技術の向上である。このマンパワー、すなわち検査及び医療従事者をどうやって増やすのか。
 病気は新型コロナだけではない。それでなくとも医師不足が叫ばれており、その資源を集中させたら、もっと被害が大きくなる。

 したがって検査や医療行為は、検査を増やせと主張している人にまかせればいい。
 全自動検査器を使えば簡単にできるという人、検査機器は余っているという人は、御託を並べず、(楽天のように)ご自身でやるべきである。できない言い訳は聞きたくない。

 また医療機関では、医師や看護師でなくてもできる仕事がたくさんあるはず。それを強制労働か徴兵制を駆使して行う。

 いまの日本で、強制的に国民の職業を代えさせるという、荒療治ができるであろうか。
 それができなければ、「中途半端」という、最悪の事態になるのである。
 やはりコロナ感染の場合は、何もしない方がいいと思う。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :