FC2ブログ
RSS

なぜ印鑑は無くならないか

 印鑑は日本の文化である。不正をした人はバチがあたる

 新型コロナ感染を防ぐため、組織に対しテレワークが要求されている。
 その場合、日本社会で阻害要因となるのが、「印鑑」である。印鑑はこれまで、承認を必要とする書類など、ありとあらゆることに使われてきた。しかも8割以上が、単なる「認印」である。すなわち本人の姓が彫ってあるだけ。裁判所や登記所ですら、「実印」が必要な個所は限られている。

 「認印」など、どこでも買える。印鑑販売機では、たいていの姓のものが、100円で買える。したがって、だれもが偽名を書面で名乗ることができる。まことに印鑑は不思議な存在である。
実印でも、機械化が進んだ現代では、印鑑のほうがサインより偽造は容易である。

 不思議なことに日本では、いまだにこんなものを有難がっている。
 それに対し、むかしから欧米では自筆のサインで、本人証明を行っている。まだ日本では、サインだけで済ませるのは少数である。なぜ、サインに移行しようとしないのか。

               封印

 もちろん、サインにも欠点がある。
 毎回同じ筆跡で書けるはずはないし、筆跡も偽造できる。さらに、漢字でしかも長い名前の人は、きわめて不便である(寿限無寿限無後光の擦り切れ・・・・・)。それに日本ではサインに、姓と名が要求される。

 そして印鑑には大きなメリットがある。
 信頼している人に、代理決済を頼めることである。欧米では重要な契約のサインを行う場合には、かならず本人がいなければならない。また公証人が必要になる。日本にはそんな習慣はない。
 さらに印鑑は、日本の文化である。由緒あるお寺の印鑑は、歴史上の芸術として価値を持つ。


 
 そもそも、どんなセキュリテイのしくみも、完璧なものはない。人々の常識と良心に任せるしかない。
最後の砦は罰則である。
 「他人の印章を不正に使用した者」は、れっきとした犯罪である。刑法第167条の「私印偽造及び不正使用等に関する規定」に違反する。
 つまり、お天道様が見ているのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR