FC2ブログ
RSS

コロナ疎開

 福井は陽性率NO1を全国アピールし、大都市からの移住をブロックしなければならない

 新型コロナ肺炎が、東京圏をはじめ大阪や名古屋で猛威を振るっている。日ごとに陽性患者の発生数がふえており、すでに感染爆発と言ってもいい。日本全国では、陽性者が5000人を超え、死者も100人を突破した。緊急事態宣言も、効果が出るのはだいぶ先になる。

 わが福井県でも、すでに80人を超え、人口比ではダントツになった。幸福度に続き、また日本1が増えたことで、知名度が上がる。人口80万人足らずしかないので、陽性者の「濃厚接触者」やその「濃厚接触者」が、身の回りに出始めた。いつの間にか私自身が、3番目くらいの「濃厚接触者」になっている。80人が毎日5人と濃厚接触すれば、1週間で福井の人口を超える。

                燃え上がる

 その状況で、いまだに陽性者ゼロの県がある。岩手県である。
 大都市圏の若者はいま、「コロナ疎開」として、まだ陽性者が少ない地方の県への疎開をはかろうとしている。そこで感染が広まったら、欧州の2の舞になる。

 じつは福井でも、先月18日に陽性者が発見されるまでは、ゼロ陽性が続いていた。その後、いもづる式に陽性者があぶり出され、80人を超えるまでになった。ほとんどが、片町歓楽街での「濃厚接触」である。それも、東京の歓楽街からのお土産に違いない。
 いまは、このいもづるをきちんと押さえ、外部からの侵入を防ぐ。
 そのためにも福井はこの際、陽性率NO1を全国アピールし、大都市からの移住をブロックしなければならない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :