FC2ブログ
RSS

イタリアの悲惨

 イタリア人の気質は、新型コロナとの戦争が終わった後、どのように変わるのか

 イタリアでは、新型コロナの爆発的な感染が止まらない。全土で移動制限措置が開始されているに拘らず、毎日500~1000人もの死者が発生している。いまだに収束の見通しは立っていない。すでに死者数は、中国本土の倍以上となった。致死率も約10%と他国に比べ際立って高い。いま亡くなる人の30%程度が、新型コロナだと思われる。

 イタリアは、人口当たりの医者数が日本の1.5倍もある。それなのに、なぜイタリアはこんな状態になったのか。先週のフジTV(プライムN)では、イタリアとの関係が深い人たちの説明があった。
 なかで、イタリア人と結婚したヤマザキマリ氏(漫画家)の話が興味深かった。

               野合

 ヤマザキ氏によれば、イタリア人の人付き合いの良さが、感染拡大を招いたという。ドンファンとされ、並外れて人なつこい国民性が、今回は悪いほうに働いてしまった。またイタリアは3世代同居が多く、家族を大切にする。高齢者も多い。食事も必ず一緒に取る。週末には、近隣の人たちを集め、10人くらいのパーティを行うのが普通らしい。

 それに加えて、イタリア人はよくしゃべる。男女にかかわらず、常に何か話していなければ気が済まないらしい。ひっきりなしにピーチクパーチクやっていれば、集団感染しないほうがおかしい。

 ふつうなら、これらイタリア人の習性は悪くない。それどころか、日本人に失われたうらやましい気質である。日本は家族や仲間間の会話が乏しいことが問題にされていた。それが、こんどの飛沫感染症では裏目に出てしまった。

 新型コロナとの戦争が終わったあと、イタリアはどのように変わるのか。新型コロナで、国民の10%もの命が失われれば大きく変わらざるを得ない。「濃厚接触」がなくなり、いっそう少子化が進む。

                キノコ雲

 いや日本も、他人ごとではまったくない。福井でも、つぎつぎと検査陽性者が発見されている(現時点で9人)。福井では受入れ病床が100程度しかないらしい。いま300人も患者が発見されれば、完全に医療崩壊する。
 では、日本はどうするか。
 高齢者は騒がず、首を洗って待っているべきである。さすがのじじいの決死隊も、直接ウィルス相手に突撃するわけにはいかない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :