FC2ブログ
RSS

横浜クルーズ船騒動

 この反省を踏まえ、「緊急事態」は防疫のための船の中まで適用させる

 先週のサンデーSPというTV番組で、先月横浜に停泊したダイヤモンドプリンセス号の従業員証言から、感染隔離実態の一部が明らかにされた。もちろん、乗員・乗客3700人という、巨大で複雑な組織と船舶中の、ほんの「虫の目」にしか過ぎない。それでも、船舶や日本政府関係者の混乱ぶりがよく分かった。

 これだけ大人数なら、何事なく航行していても、てんやわんやである。高齢の乗客が2000人はいるから、通常でも毎週2~3人亡くなる。新型コロナ肺炎患者が見つかれば、大混乱になって当たり前である。船内でパニックになる人もいたに違いない。

 しかもこの組織には関係者がたくさんいた。
 クルーズ船籍のイギリス、運営会社、船長、アメリカCDC。さらに船長はイタリア人。乗客・乗員の国籍は、53か国にもわたっているという。対応に当たった日本側は、神奈川県、厚労省、官邸、自衛隊、医療班など、これもややこしい組織や団体が入り込んで、右往左往していた。私のようなぼんくらが派遣されたら、もっとひどいことになった。
 
                タヌキの勢揃い

 つまり、派遣された日本側の担当者は、船内のことがまったくわからない。言葉も通じない。したがって、船内で働く従業員の協力がなければ、立ち往生である。
 もちろん従業員も人間である。協力的な人もいれば、その反対もいる。
 いやがる従業員を説得し、わがままな乗客の見張りや通訳をしてもらう。
 派遣された職員は、行き当たりばったりの対応しかできない。だれも、指示がどこから来たのかはわからない。そもそもあの船の最高責任者はいったい誰だったのか。いまだにはっきりしない。

 本来は、船の指揮権は船長にあるはず。だが前述のように、持ち主やら国籍が入り乱れ、だれがリーダーシップをとるのか、取らなければならなかったのか見えてこない。まさに船頭が入り乱れ、違う山に登ってしまったのである。

 それでも曲りなりに、決められたことを実施し、一月後にはみな帰路についた。亡くなった人が数名いたようだが、高齢者が3000人もいれば、新型コロナでなくても10人くらい死ぬ。
 この知見が、今アメリカに接岸している、同じ状況のクルーズ船に、活かされようとしている。つまり船内隔離は、労力がかかる割にメリットがない。幸いアメリカは世界最大の軍事国家である。軍人の宿泊施設はいくらでもある。まったく異なった対応ができる。

                  タヌキの金玉

 すべては、まだ道半ばである。
 いまのところ、一番得をしたのは乗客である。もちろんウィルス感染し、発症した人、亡くなった人も数名いる。
 それでも日本が寄港拒否していれば、全員船内で死ぬかもしれなかった。
 大多数の乗客は、2週間の船旅を無料にしてもらったうえ、さらに2週間も豪華客室で、3食昼寝付きの優雅な生活を楽しめた。下船したあとも、感染拡大を言い訳に、地域や関連団体の厄介な仕事を引き受けないで済む。
 うらやましい限りである。いいことは、自分の口から絶対言わない。

 一番損害を被ったのは、クルーズ船の運営会社であろう。
 おまけに、同じことをアメリカでも繰り返している。これで倒産しなかったら、これまでよほど稼いでいたのだろう。
 
 日本政府も大きな損失を受けた。検疫や治療のため多くの人たちが船に入り、感染した人も数人発生した。感染者はすべて国内の病院で治療を行っている。これらの費用はきっちり請求する必要がある。果たしてクルーズ船の会社は、それまで持つのか。

 この反省を踏まえ、いま詮議中の「緊急事態法」は、防疫のための船の中まで、確実に適用させなければならない。船頭は一人でなければならない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR