FC2ブログ
RSS

薬の副作用

 武漢肺炎のおかげで、やたらと老人が病院に行かなくなった

 毎年春先のいまごろ、スギ花粉が飛ぶ季節になると、持病のジンマシンの発症頻度が高くなる。涙や鼻水など、花粉症の症状に加えて、体中がかゆくなるのだからしんどい。
 ジンマシンが発症したら、「オロパタジン」という抗ヒスタミン作用(?)の錠剤を呑む。30分くらいで治まる。いまの季節は、2~3日に一粒、時期によっては5日に一粒、2週間に一粒でもいい。
 それでもこの薬がないと、余生はジンマシンに苦しむ。

 その持っていた薬が無くなりかけたので、皮膚科へ行った。もともと患者の少ないクリニックであるが、武漢肺炎のせいか、だれ一人患者がいない。しかも診断10秒で、3か月分の薬を処方された。
 いま病院もガラガラである。
 やたらと老人が病院に行かなくなったとしたら、武漢肺炎のおかげである。

                閑古鳥の鳴く通り H28.3.27

 それとは逆に、薬には必ず副作用がある。
 この薬の副作用は、劇症肝炎 、 肝機能障害 、 黄疸 、 AST上昇 、 ALT上昇 、 γ−GTP上昇 、 LDH上昇 、 Al−P上昇 、 過敏症 、 紅斑と書いてあった。そのほか、過敏症 、 紅斑 、 発疹 、 浮腫 、 顔面浮腫 、 四肢浮腫 、 そう痒 、 呼吸困難 、 眠気 、 倦怠感 、 口渇頭痛 、 頭重感 、 眩暈 、 しびれ感 、 集中力低下 、 不随意運動 、 顔面不随意運動 、 四肢不随意運動 、 腹部不快感 、 腹痛 、 下痢 、 嘔気 、 便秘 、 口内炎 、 口角炎 、 舌痛 、 胸やけ 、 食欲亢進 、 嘔吐 、 肝機能異常 、 総ビリルビン上昇 、 白血球増多 、 白血球減少 、 好酸球増多 、 リンパ球減少 、 血小板減少 、 尿潜血 、 BUN上昇 、 尿蛋白陽性 、 血中クレアチニン上昇 、 排尿困難 、 頻尿 、 動悸 、 血圧上昇 、 血清コレステロール上昇 、 尿糖陽性 、 胸部不快感 、 味覚異常 、 体重増加 、 ほてり 、 月経異常 、 筋肉痛 、 関節痛と、きりがない。

 ジンマシンひとつで、これだけ副作用がある。
 いずれも覚えがある。これでは、じじいの決死隊どころではない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1064)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (126)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR