FC2ブログ

新型コロナ対応批判

 米国メディアの、クルーズ船に対する日本政府の対応批判は人種差別そのものである

 集団感染中の大型クルーズ船に対する日本政府の対応について、「感染拡大の第二の震源地を作った」などと海外メディアから批判が向けられている(2.15HUFFPOSTより)。船内には、400人の米国人をはじめ、多数の欧米人が乗っているからである。

 記事によるとTIMEでは、「現在の検疫手順では、かえって船内の感染が広がる」とし、「検査が陰性である人を下船させ、潜伏期間中は感染リスクの低い代替措置の下で経過を観察すべき」という「専門家」のコメントを載せている。
 別の報道では、「日本政府は、国民を新型コロナ感染リスクにさらさないために、クルーズ船の乗客を犠牲にした」という米国メディアもあるという。

               九州関門海峡船H25.5.29

 しかし、クルーズ船が入港した段階で、日本当局がとるべき手段は限られていた。
 船は外国籍だし、なにしろ新型コロナ対策について、確かな情報はだれも持っていない。国内ではわずかな症例しかなく、中国の情報は参考にできるほど精査されてない。検査は時間がかかるし、まだまともにできる人が少ない。また乗客を移す代替施設といっても、豪華クルーズ船という豪奢な個室に勝るところがあるはずがない。魚釣島あたりにキャンプテントを設置したら、喜んで移るかもしれないが。
 そもそも状況から考えても、入港したときにはすでに、感染が拡大していたと考えるほうが合理的である。毎日公表する感染者の数が増えているのは、単純に検査能力に比例しているだけにすぎない。
 だから今更の米国メディア論調は、完全なあと出し批判である。

 さらに後者に至っては、まちがいなく、日本人を見下した人種差別記事である。
 横浜にクルーズ船が到着した時点で、すでに相当数の感染者がいたことは想定されていた。安易に下船させたら日本国民から袋叩きされる。
 カンボジアでは、無防備にクルーズ船乗客を受け入れたあとで、感染者が見つかった。おそらく数十人~数百人の感染者が、どっとカンボジア国内に入ってしまった。検査体制が整わない限り、感染者は何万人拡大してもゼロである。これで政権が持ったら、民主主義国家ではない。



 欧米メディアに限らず、政府の対応について批判する人は多い。(私のように)それに反論する人もいる(もっとうまくやれる自信がないからである)。
 このような批判の応酬は見苦しいし、全く生産的でない。
 メディアや行政は、これまでのことは置いて、これから何をすべきかを客観的に検討すべきではないか。一方で、われわれ国民にできることは一つ。覚悟を決めておくことである。それさえできれば、何が来ても怖くない。

                  タヌキの亡霊
(追)
 感染の覚悟を決めたつもりだったのに、昨日は肝を冷やした。
 ネット検索していたら、いきなり「お使いのPCはトロイの木馬をはじめ5つのウィルスに感染しています・・・」と表示が出て、ダウンロードを促してくる。消そうと思ってもなかなか消えない。つぎつぎ表示が出現、「危険だ、危険だ」と音声を出すのでパニックになる。あちこちクリックしてしまった。
 なんとか治まったが、PC内に潜伏していないか心配である。
スポンサーサイト