FC2ブログ
RSS

徳勝龍の優勝

 インタビュー訓練を繰り返すことで、メンタル面で優位になり他を圧倒した

 大相撲初場所は、幕内番付の最下位にいた徳勝龍が、最高優勝を飾った。しかも14勝1敗の好成績で、千秋楽には正攻法で大関をも下している。その相撲内容もさることながら、優勝後のインタビューが、日本中の相撲ファンを喜ばせた。

 まずインタビューに先立って、四方にお辞儀したのも新鮮である。さらに、優勝を意識したかどうか聞かれたとき、「意識することなく」と言って、すかさず「うそです。めっちゃ意識してました」と笑いを誘う。そのあと、「バリバリ、インタビューの練習をしていました」と続け、観客を引き付けた。 
 そのあと、師匠が場所中に亡くなったことに触れるなど、彼の言葉すべてが、「金言」として語録に残った。もしこの優勝が年末なら、いくつかは流行語大賞に選ばれたはずである。

                雷電

 徳勝龍が優勝を意識しながら、ガチガチにならず白星を重ね、最後は大関まで破った秘訣はなにか。そしてなぜ、わずか数分のやり取りで、ここまで人々を「感動」させたのか。
 それは、彼自身が言った、「インタビューの練習をしていました」ということに尽きると思う。

 推測するに場所の後半、優勝がちらついてから、彼はなんども、優勝インタビュー練習を繰り返したのではないか。インタビュー訓練を繰り返すことで、緊張感が薄れ気持ちがほぐれる。このメンタル面での優位性が他を圧倒したように思える。
 何十回も練習したと考えれば、とっさのインタビューで、あのように気の利いた受け答えができても不思議ではない。

 このことは以前、「メンタルコーチの効用」というタイトルで、飯山晄朗氏(中小企業診断士、各種認定コーチ)の講義を紹介したときに書いたことがある。「メンタルコーチ」とは、常にプラス思考の言動を取っていることで、それが実現してしまうという、魔法のような手法である。あらゆる面で組織や人の可能性を伸ばせる。

 もちろん、インタビューの練習をやれば、必ず優勝するとは限らない。勝負では必ず誰かが負ける。皆が同じことをやれば、別の工夫をして、その上をいかなければならないのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR