FC2ブログ
RSS

企業規模と生産性②

 中堅以上のメリットを小規模の企業が取り入れることは難しいが、逆は可能である

 前回①で取り上げたように、デービットアトキンソン氏は、「中小企業の生産性向上のためには、規模の拡大が必要である」と主張している。規模さえ拡大すればおのずと生産性は向上し、高賃金を払えるためさらに会社は大きくなるという。

 ただ、ものごとはそれほど簡単ではない。
 業種・業態、あるいは個別の事情によって、状況は大きく異なる。単に事業規模が大きければ、すんなり生産性が上がるとは限らない。かって私自身が在籍していた眼鏡業界においても、中堅規模の眼鏡枠事業者に比べ、スピンアウトした5~6人規模の方が生産性が高いことがあった。

 以下に示す小規模企業のメリットを享受したからである。
 小規模のメリット
①意思決定が容易
②分業ロスが少ない(多能工による業務ムラ削減)
③社内のコミュニケーションロスが少ない
④倒産しても影響が少ない(起業が容易)

 すなわち限られた期間、高付加価値分野に資源を集中するには、小さい企業のほうが適していることが多い。プロジェクトチームと考えてもいい。それにいくら大きな企業でも、無能な経営者に当たったら、かえってひどいことになる。
 また地域に根ざした商店などは、経営者と住民の距離が近い、小規模のほうが有利である。

                親子狸

 それでも、小規模企業の限界はある。
 10人以下の会社が、以下に示したような中規模以上のメリットを、持続的に享受することは難しい。私が会社経営を続けられなかった大きな要因でもある。

 中堅規模以上のメリット
①限られた優秀な経営者を登用できる
②イノベーションができる
③輸出、税務、労務、法務、地域対応などの事務手続きの負荷に耐えられる
④多様な人材がいて、分業や応援体制を取りやすい
⑤企業間の取引頻度が少なくなる(営業や伝票、配送、支払いなどの業務負担)
⑥美人やイケメン社員が存在する確率が高く、それを目当てに「優秀な」人材が集まる

 これらに加え、先に示した小規模企業のメリットを、中規模以上の企業が取り入れることは十分可能である。限られた優秀な経営者なら、なおさらである。

               眼鏡枠

 具体的に、眼鏡製造業について考えてみよう。
 鯖江の眼鏡業界が衰退した要因の一つは、小さい事業者が集まりすぎたからだという見方がある
 鯖江とイタリアの眼鏡産地ベッルーノの比較で、1992年は眼鏡出荷額(1200億円)と事業所数とも、ほぼ同じであった。その後いずれの産地も事業所数は減少していく。
 だが鯖江では出荷額も減少していくのに対し、逆にベッルーは出荷額が激増していった。1社あたりの規模が拡大したのである。2005年には鯖江とベッルーノの産地出荷額は、それぞれ700億円と2400億円にまで開く。一人あたりの出荷額(生産性)は、鯖江はこの15年同じであるが、ベッルーノでは1.3倍にまで向上している。現在はもっとその差が拡大している。イタリア(中国)では、ルクソティカをはじめ数千人規模の企業が成長している。

 これをみても、規模が大きい企業ほど有利な傾向がある。つまり、大きな企業の多い社会の生産性は向上していく。そうなると、日本でいちばん社長の多い福井、とくに鯖江の眼鏡業界はどうすればいいのか。
 正攻法なら、再編による規模拡大である。
 社長を辞めたくない、他に従属するのは嫌だというのなら、個別のゲリラ戦法しかない。自らに鞭打って、死ぬまで走り続けるのである。それも経営人生であり、個人的にはそのほうが魅力である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1065)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (127)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (519)
 中小企業施策 (78)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR