FC2ブログ
RSS

宝くじの怪

 当選券を偽造したものは、宝くじという巨悪の周囲にうごめく魑魅魍魎の端くれにすぎない

 昨年の年末ジャンボ宝くじで、1等当選券を偽造して銀行に持ち込み、逮捕された人がいたという。1等は7億円である。銀行員に見破られるくらいだから、大した偽造ではないのだろう(腕効きの印刷職人が、1億円かけて印刷したら、本物と同じ当選券がつくれる?)。違法には違いなく、詐欺罪で逮捕されても仕方がない


 だが私は、あまりこの「詐欺男」を憎めない。
 まず、7億円の犯罪にしては間抜けである。もし全額受け取れたとしても、住所氏名は明らかになる。そのあと本物の当選者が現れる可能性は大きい。購買履歴など追跡されたら、永久に騙しとおせるはずがない。
 それに詐欺といっても、被害者はいったい誰なのか。
 
 そもそも、宝くじがインチキ臭い。
 宝くじの当選金の割合は45~47%程度といわれる。つまり半分以上は、元締めに入る。違法博打の胴元でも1~2割。せいぜい2~3割である。はるかに宝くじのほうがあくどい。
 その上1等の当選番号は、わざと売れ残りから出す。当選者不在という噂もある。

                金の成る木

 宝くじは毎年、1兆円という膨大な売り上げを挙げている。
 すなわちほんとの巨悪は、宝くじという公共の博打を通して国民を依存症に陥れ、その懐に手を突っ込む、得体のしれない連中である。今回当選券を偽造したものは、周囲にうごめく魑魅魍魎の端くれに過ぎないのである。
 IR普及によって、宝くじやパチンコ依存症が軽減されれば幸いである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR