FC2ブログ
RSS

頭がいいとは何か

 もともと空っぽの頭は、それ以上「無」を感じることはできない

 いろんな人の話を聴いたり、TVを見ていると、世の中にはじつに頭のいい人がいる。複雑な問題を瞬時に解決し、筋を通して説明する人は、つくづく羨ましい。豊富な知識と言葉を組み合わせ、素晴らしい理論を組み立てることができる。

 以前、経済学者の高橋洋一氏は、頭の良さについて、ある著書で次のようなことを言っていた。
 「頭が悪いのと根気がないのって、ほとんど一緒」、「壁にぶち当たったところで、匙を投げるか、必死に食らいつくか。そこの違いが大きい。」、「いつでも匙を投げてしまうと、物事を持続的に考える力が育たないから、考える力そのものがなえちゃう」、「・・・深く考えて、自分の頭でスーッと展開できるようになると、すごく早く処理できるようになるんだけどね。・・・・頭の中にそういう回路をつくっていく感じ」

 すなわち頭が良い人とは、根気よく物事を考える人である。
 たしかに、手におえないと思っていた複雑な事象も、時間をかければ理解できることがある。あきらめたら終わり。製品や技術開発も、成功の秘訣は「うまくいくまで続ける」ことであった。繰り返すことで、考える力も訓練できる。

               くるくるパー

 しかし、高橋氏は、東大理学部と経済学部を出て大蔵省に入り、東大法学部卒のキャリア官僚からも、一目置かれていた。われわれ凡人とは、かけ離れた頭脳回路を持っているはずだ。理論要素を有機的に結びつける力である。

 さらに、論理を組み立てるためには、根拠となる膨大な事柄を記憶していなければならない。優れた記憶力と記憶の蓄積が必要である。検索エンジンでは時間がかかりすぎる。私のような凡人には、その知識量が絶対的に足りない。悪いことに、いくら詰め込んでも、それ以上に忘れる。
 
 斬新なアイデアを出すには、いったん頭を空っぽにしろと言われる。それには、「禅」がいいらしい。だが、「禅」を何度やってもそのような心境になれない。
 もともと空っぽの頭では、「無」を感じることはできないのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR