FC2ブログ
RSS

日韓関係の終わり

 観光産業が打撃を受けても、カネのため心を売るようなことは、絶対してはいけない

 安倍総理は、中国の成都で日中韓3か国の首脳会談に出席し、さらに日韓首脳会談に臨む。日中もさることながら、日韓の間には喫緊の課題が横たわっている。まともな日韓首脳会談は、1年3か月ぶりらしい。
 その日韓首脳会談では、いま大きな懸案である徴用工問題に触れる可能性がある。韓国側は、何らかの形で日本側が賠償に加わることを望んでいる。

 日本の「植民地支配」にこだわるマスコミや知識人も、韓国政府の立場に立っている。今朝のTV朝日モーニングショーコメンテーター二人は、韓国民の気持ちを考えたら、いつまでも謝罪し続けるべきだと言う。このままでは、日本の観光産業が打撃を受け、韓国にビールや乗用車が売れなくなる。いいことはないという。

                恨めしや

 しかしこの問題で、日本側は譲る気配はないし、絶対に譲ってはいけない。
 もういくらなんでも、謝罪疲れである。
 韓国からの観光客が激減し、日本のビールや車が売れなくなっても、日本人が飢え死にすることはない。多少のお金に目が眩み、カネのために心を売るようなことは、絶対してはいけない。

 そもそも、日本が韓国を植民地支配し搾取したという話こそ、被害妄想の韓国人が作り上げた詐欺話にすぎない。万一、韓国を搾取したのがほんとだとしても、もう充分に償ってきた。これ以上しつこく集られたら、日本が腐ってしまう。その前に、共倒れ覚悟で相手を殺すのは、ミステリードラマと同じである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :