FC2ブログ
RSS

昭和史のなぞ

 歴史の大半は、その時点で力の強い人、声の大きい人の認識である

 大正の終わりから大東亜戦争に至る昭和の前半、およそ20年間の日本政治について、何冊か歴史書を読んだ。関東大震災~満州事変、5.15事件、2.26事件を経て、大東亜戦争へと続く時代である。そこには、多くの軍人や政治家が登場する。10年前の日本政治のように、首相が目まぐるしく変わっている。

 このややこしい歴史を紐解こうと、多くの学者が昭和史を発行している。半藤一成氏や保坂正康氏、加藤陽子氏のようなリベラル作家から、渡部昇一氏のような保守の重鎮、若手の倉山満氏などもいる。それでも複雑すぎて、私のような素人では理解できない。

                猫の祟り

 なぜなら学者によって、政治や政治家に対する評価がまったく異なるからである。つまり「群盲が象を触る」ごとし、各自の色眼鏡を通し感じたことを書いている。伝聞性のない1次文書にしても、正しいとは限らない。いくら公式記録だろうが、必ず書く人読む人の主観が入る。国会答弁さえハッタリを盛り込む。正式文書と言っても、「客観的事実」とは限らない。

 すなわち、いろんな資料をさまざまな歴史家が見て、その人の主観で書くのだから、歴史がバラバラになるのは当たり前である。例えば、満州馬賊の張作霖を爆殺したのは関東軍という定説も怪しい。イギリス諜報機関は爆薬を分析し、それがソ連製であることをつかんでいた、という「事実」もある。30万人といわれる南京大虐殺や慰安婦の非人道性も、すべて伝聞の伝聞で、まともな証拠などひとつもない。


 したがって、歴史の大半は「認識」なのである。その時点で力の強い人、声の大きい人の認識が正しい。負けた人には力がない。その上「羅生門」のような、個人的錯誤が加わる。
 だから専門家は信用できないのである。歴史論争は永遠に続く。
 このことを踏まえ、すこし私自身の歴史観をつくってみたい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1064)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (126)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR