FC2ブログ
RSS

道路技術講演会

 主催者および受講者として、実績としてのアリバイが必要なのである

 原電見学会を含め、先週は3度の講習会を受けた。
 その一つが、私の専門分野のひとつ道路技術である。久しぶりの長時間講習である。内容はおもに、最近の災害多発を受けた道路防災についてである。聴講者は、響きのホールが満員になる250名。開始10分前に会場に入ったら、座る席がない。最後列で、映像の上半分が見えない席に着く羽目になった。


 まず、大西有三氏(京都大名誉教授)の、「AI・IOTを活用した最近の道路防災の取り組み」を聴いた。近年の、AI・IOTは、自動車運転の自動車だけでなく、道路技術においても導入されている。とくに道路の設計や保守・点検における画像処理の進展が目覚ましい。
 今のところは、人間の目を機械に置き換えるための、技術開発が中心である。
 距離や位置を正確に測定するためのセンサーや、それを効果的に移動させるためのアクチュエーター(ドローンなど)の発展が目につく。

 川本義海氏(福大所属)の「みち空間の未来像」では、道路のさまざまな可能性を論じていた。道路(街路)には、大きく分けて、交通機能と空間機能がある。この空間機能に着目し、道路を有効活用しようとする取り組みである。自動車と人とが共存する街路や都市公園のネットワーク化などの事例を検討した。
 ユニバーサルデザインの新たなステージについての説明もあった。

 福井県土木部長の大槻英治氏は、「防災先進県ふくいを目指して」の演題で、昨年2月の豪雪時の混乱と課題、今後の取り組みについての説明であった。的確に積雪状況を把握し、除雪指示が行えるための「見える化」と、その管理が重要である。

               大野 寺町 R1.11.04

 会場は暗くて貰ったレジメも見えない。学者やお役人の講演なので、スライド1ページに細かい字でびっしり情報を盛り込んである。これでは消化不良になる。
 もっとも、聴講者も県や市町の道路部門、民間の道路関係者らしく、私のような不満を言う人はいない。主催者および受講者として、実績のアリバイが必要なのである。私自身も、技術部門の資格維持のためのCPD(技術者継続教育)証明がなければ、受けなかった。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR