FC2ブログ
RSS

晩秋の富士写ヶ岳

 秋晴れの今日、最後の紅葉を期待して、富士写ヶ岳(941M)に登った。昨年、11月3日に登ったときは、中腹から頂上にかけて、とくに頂上直下の白樺林の黄色が見事であった。
 しかし11月の終わりともなると、このあたりの広葉樹は、ほとんど葉が落ちている。

木漏れ日 R1.11.23 空に紅葉 R1.11.23 新雪の白山 R1.11.23

 その代わり鉄塔から中腹にかけての紅葉は、まだまだ鑑賞に堪える。落ち葉の積み重なったふわふわ山道や、太陽に映える濃赤や紫が美しい。
 秋の澄んだ空気の中で、頂上から見た白山も絶景であった。
 涼しいので、歩いてもそれほど息が上がらない。登り2時間半、下り1時間半の標準ペースで登山を終えることができた。ただ、靴底がすり減っていることに加え、急坂で落ち葉の下が滑りやすい泥道となっており、下りに相当体力を使ってしまった。

中腹紅葉 R1.11.23 枯葉 R1.11.23 雑木紅葉 R1.11.23

 山中温泉道の駅で一風呂浴びようと思ったが、奥の方まで車両がびっしり詰まって、駐車できない。またこれだけいたら、ゆったり温泉に入っていられない。間近でむさい男の裸を見る趣味もない。代わりにすこし福井へ戻って、たけくらべ温泉で汗を流した。浴殿は普通の銭湯並みでも、空いているほうがはるかに快適である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :