FC2ブログ
RSS

愛知の対抗展示会

 チマチマと憂さ晴らしをしている人たちに比べ、その実行力は頼もしい

 愛知県では、先だって物議を醸した「あいちトリエンナーレ」に対抗した「あいちトリカエナハーレ」という、ユニークな名前の展示会が行われた。主催は、日本第一党と桜井誠を応援する会という極右団体である。マスコミではほとんど報道されていないが、ネトウヨの間では評判になっていた。
 「トリエンナーレ」などという、意味不明の外国語に比べ、「トリカエナハーレ」は、ユーモアを含んでいてわかりやすい。

 この「あいちトリカエナハーレ」の展示内容は、大村知事を揶揄した絵画や、朝鮮人かるた、韓国兵の残虐性を象徴するライダハン像などである。揶揄の対象になった大村知事は、訴訟も辞さないとカンカンに怒っているようだ。たしかに「犯罪はいつも朝鮮人」など、ヘイトと思われるような展示物も陳列されていたという。私ならとても「トリカエナハーレ」の主催に名を連ねる勇気はない。

                  キノコ雲

 しかし、あくまで「トリカエナハーレ」は、「トリエンナーレ」に対抗して催されたものである。その大もとである「あいちトリエンナーレ」の展示は、日本人の我々にとって耐えがたいものであった。旧日本軍の冤罪を象徴する少女像だけならまだしも、特攻隊や福島の放射能被害を揶揄する工作物や映像。極めつけは、昭和天皇像を焼きつくしたあげくその灰を足蹴にする映像を流していた。日本に対する最大の侮辱である。
 これに比べたら、「トリカエナハーレ」の展示は、まだまだ生易しい。かなり遠慮したものであったように思える。たぶん「ヘイト法」に配慮したのであろう。

 いくら「あいちトリエンナーレ」の展示内容がひどいものであっても、強制的に排除すれば、またややこしい人が出てくる。そこで、「日本鬼子」のような、気の利いた反撃ができないかと考えていた。パロディあるいは替え歌である。まさに「あいちトリカエナハーレ」は、その思いを具現化したものである。
 ネットブログなんかでチマチマ憂さを晴らしている、私のような人たちに比べ、(センスはいまいちだと思うが)その実行力は羨ましい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR