FC2ブログ
RSS

ものづくり補助金採択

 重要なのは、ほんとうに革新的な事業を行える、具体的計画となっていること

 先日、30年度補正ものづくり補助金2次募集の採択発表があり、福井県では17社が採択された。この年度は、1次・2次募集をあわせ、私が支援した企業すべて採択された。(関与の度合いがあるが)こんなことは初めてである。

 じつは今回支援したある企業からは、締切前々日の夕方に依頼され、突貫工事で申請した。申請のための中小機構サイトへの登録から、加点要素である「先端設備導入計画書」及び「事業継続力強化計画書」の作成と、それぞれの役所への提出。そして申請書本文及び付属文の作成である。申請書は、以前企業が独力で応募、採択されなかったものを焼き直し、大幅な加筆・修正を行った。

 これらを、依頼された企業の人たちに説明しながら手分けし、実質1日で行った。もちろん申請前に修正したいところは山ほどあった。だが締め切りを過ぎたら、いくら最優秀作品でも評価の対象にならない。時間がないので最低限の急所だけ押さえるようにした。

                佐々木小次郎

 超特急で申請したおかげで、採択されるコツを再確認することができた。
 次の4つである。
①加点項目はできるだけ入れる。どのような評価も中心化傾向は免れないから、ずば抜けた内容でない限り、加点は決定的に影響する。現実にはほとんどの申請企業が加点要素を入れているので、これがないと大きなハンデを負う。

 そして申請書の内容は、これまで本ブログで書いてきた重要項目を外さないことである。
②ひとつは、ある程度の「革新性」を有していること。
③つぎに「ものづくり技術」の場合は、「高度化」が計画されていること。 
 「革新的サービス」の場合は、「革新性」を強調。
④この2つをしっかり示し、「審査項目」に合わせた申請書をつくる。

 これらがしっかりできれば、平均以上を目指すことができるのではないか(当たり前か)。

                 これでいいか

 もちろん企業にとっては、補助金を得るのが最終目的ではない。
 重要なのは、企業が真に革新的な事業を行えるような、具体的計画となっていることである。あくまでも、申請書の計画に合わせ、その企業が経営革新を成功させること。それが本来のものづくり補助金の目的である。
 補助金で、まともに使いもしない設備を入れたために、余計なスペースをとったあげく効率を悪化させる。そんな企業を数多く見てきた。それでは本末転倒である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR