FC2ブログ
RSS

技術士の資質向上

 「有能性の重視」を口実に難しい仕事を受けなければ、イノベーションを阻害する

 技術士筆記試験の、今年度の合格発表があった。合格者は年末年始の口頭試験を受ける。その試験を受ける際、必ず覚えておかなければならない事項に、3大義務と2つの責務、そして10項目の行動指針がある。

 そのなか、技術士の「資質向上の責務」(47条の2)では、「技術士は、常に、その業務に関して有する知識及び技能の水準を向上させ、その他その資質の向上を図るよう努めなければならない」とある。

 多くの場合、「資質向上」は仕事の遂行を通してなされる。いくら机上で勉強しても、現場の仕事では、役に立たない。ほんとに力が付いたと実感できるのは、これまでできないと思っていた仕事ができたときである。またどんな仕事にも新しい要素がある。実践することで力が付き、それがイノベーションとなり、経済成長を支える。もちろん専門外の仕事を受けるといっても限度がある。ライセンスなしに、ジャンボ旅客機の運転や、すい臓がんの手術などを行うわけではない。

                飛躍

 一方、技術士の行動指針の中には「3.有能性の重視」というのがある。ここでは、「技術士は、自分の力量が及ぶ範囲の業務を行い、確信のない業務には携わらない」と謳っている。ここで、簡単にできることしかやらないというのは、明らかに先の「資質向上の責務」と矛盾する。

 そしてこの行動指針が、多くの技術士の資質向上と技術革新を制限している。現実の仕事は千差万別である。自分の力量の範囲で確信の持てる業務などほとんどない。やったことのあるやさしい仕事ばかりでは、仕事量も限定される。

 つまりできることしかしない「3.有能性の重視」は、人の怠け心を増幅させてしまう。
 最近の私も、しばしば「3.有能性の重視」を理由に、頼まれた仕事を断るようになった。これではもう、資質向上など望めない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR