FC2ブログ
RSS

君が代歌唱

 オリンピックでは、失敗の恐れのある独唱は避けたほうがいい。君が代は合唱に限る

 スポーツの試合や運動会など、国旗掲揚するとき君が代を歌う。その「君」はどういう意味か。言葉通りなら、「君」は「あなた」。つまり目の前にいる人のことである。一般には、日本の最高権威である天皇陛下のことだと思っている。万世一系を願うものである。

 あるいは古事記に記されている、伊弉諾(いざなぎ)と伊邪那美(いざなみ)の男女ペアの神だという話もある。この男女の神からわれわれが生まれ、延々とつづく悠久の民を形成してきた。
 いずれにしても神話であり、何はともあれ2000年以上続く日本の柱である。

               サザレ岩 別山麓 H22.9.24

 その君が代を歌うのは難しい。9月のMGCで独唱したコブクロの歌は、しばらくネットで評判になっていた。コブクロでなくとも、君が代をきちんと独唱するのを、聞いたことがない。「失敗」とは言えないまでも、プロの歌手でさえ、聞くに堪えない歌声を出す。

 ネットで見つけた堀内孝雄もひどかった。その他、男性歌手は自分流にアレンジ誤魔化すので、うまいか下手かわからない。いくつか探したが、これはと思う歌手はあまりいなかった。まだそのなかでは布施明がいい。

 それに対し、高い声の出る女性歌手は概ねうまく歌っている。
 まちがいないのは合唱である。多少下手でも聞ける。オリンピックでは、失敗の恐れのある独唱は避けたほうがいい。君が代は合唱に限る。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :