FC2ブログ
RSS

宝永文化祭

 日本中の文化祭優秀者にも、あいちトリエンナーレと同じ謝金を与えるべきである 

 昨日、地区の文化祭を見学。物議を醸したあいちトリエンナーレと異なり、展示は平凡である。地域の人が趣味で作った刺繍や絵画、造形物がメインである。素人の趣味の域を出ない。それでも愛知のヘイト展より、「芸術性」は100倍以上ある。

     ネズミダンス    展示会 R1.10.27

 ところで、あいちトリエンナーレで物議を醸した作品の製作者には、出展料としてどれくらい支払っていたのか。文化庁や県、市からの、数億円にもなる補助金は、いったい誰の懐に入ったのか。もし補助金が、ヘイト作者の懐に入るとしたら、とんでもない話である。それこそ芸術に名を借りた集りである。
 それなら、日本中の文化祭優秀者にも、同じ謝金を与えるべきである。ここにも日本の闇がある。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :