FC2ブログ
RSS

ラグビー日本敗退

 イギリス領か植民地だった国が残り、そのイギリスがEU離脱で右往左往する

 昨晩、日本中が注目したWCラグビー日本対南アフリカは、日本が3点しかとれず、3-26で完敗した。素人目にも、組んだとき完全に押されていたし、スピードも違う。スコットランドに勝ったときの気力もない。日本は、予選で力を使い果たしてしまったように見えた。

 今回のシリーズで日本は、ロシアに30-10、アイルランドに19-12、サモアに38-19、スコットランドに28-21で勝っている。いずれも苦しい点数での、ぎりぎり勝利である。
 一方の南アフリカは、ニュージーランドに12-23で競り負けたものの、ナミビアに57-3、イタリアに49-3、カナダには66-7で大勝している。奪った点数は、4試合で日本が115点、南アフリカが184点。日本の1.6倍である。普通に考えたら、力量差は明らかである。

 もし日本が決勝まで行っても、相手はニュージーランドである。このチームは、日本がやっと勝ったアイルランドに、46-14の大差で勝った。素人目でも、その差は歴然としている。あの試合を見たら、とても日本が勝てるとは思えない。

               まと R1.6.23

 ただこれで、目標としていたベスト8は実現した。勝ちすぎるとつぎが大変である。ここから先は、4年後に取っておけばいい。またラグビーのおかげで、同時開催していた、プロ野球日本シリーズの影が薄くなった。私にとって、60年前から見せつけられたマンネリプロ野球より、ラグビーの方が新鮮である。

 そして残った4チームは、すべてイギリス領か植民地だった国・地域である。
 そのイギリスが、EU離脱のことで右往左往している。このところの世界景気悪化の一因でもある。正式に、「合意なき離脱」が決まれば、日本の消費増税と合わせ技で、世界恐慌が来る。香港デモやソウルデモの混乱も加わる。

 そういえば韓国がなぜか、ラグビー日本チームのユニホームが「旭日旗」だと言って騒がない。桜をイメージした赤縞のユニフォームは、パラリンピックのメダルよりよほど旭日旗に近いと思うのだが。もうそれどころではないのであろう。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :