FC2ブログ
RSS

健康寿命

 健康寿命が延びても、それ以上に不健康な期間が長引けば元も子もない

 近年「健康寿命」という言葉をよく聞く。健康寿命とは、人の助けを借りず起床や衣類の着脱、食事、入浴など、自力で生活ができ、健康的な日常が送れる期間のことである。私を含め、人生の終盤に近づく人たちは、この健康寿命を延ばそうと躍起になっている。

 厚生労働省によると、我が国の健康寿命は、2016年で男性72.14歳、女性74.79歳であった。2010年調査に比べると男性が1.72年、女性は1.17年延びている。一方で平均寿命は、2017年の発表によると、男性81.09歳、女性は87.26歳で、健康寿命と平均寿命の差は10年前後ある。その期間は医療・介護機関や家族などの手助けが必要となる。
 したがって我々は、健康寿命を延ばすことで、この不健康な期間を減らすことができると考えていた。

               高齢化した胎内くぐり岩 H29.8.10

 しかし、ことはそう単純ではない。
 2011年調査の平均寿命は、男性79.44歳、女性85.9歳であった。この6年で男性は1.65年、女性は1.36年延びている。つまり健康寿命を延ばしても、「不健康寿命」が短縮されるとは限らないのである。むしろ女性は、健康寿命が尽きてから死ぬまでの期間が長くなった。すなわち健康寿命を延ばすことで、年を取るほど簡単には死ねなくなるのである。

 本来、健康寿命を延ばす目的は、不健康な期間を短くすることにあった。それが逆に、不健康な期間を長引かせるのでは、本末転倒である。健康寿命が100歳になっても、そのあとで不健康な期間が20年にもなったら、社会は大混乱に陥る。


 ではどうしたらいいか。
 ひとつは、健康寿命が延びたぶん、懸命に働くことである。年取ってから安楽に暮らせる時代はとっくに過ぎた。年金の支給額を減らし、80~90歳でも働ける人は総動員する。重労働でも構わない。高齢者が必死に働けば、PPK(ピンピンコロリ)が実現する。

 もう一つは、健康寿命を充分謳歌した人(たとえば90歳)には、安楽死の権利を与えたい。各種麻薬や売春を解禁し、死ぬ前に味わってもらえれば、本物の天国に行くことができる。これは普通に年取った人もOKにしたい。
 7月の参院選挙には、「安楽死制度を考える会」が立候補した。落選したので、当分この問題は先送りになる。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1059)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR