FC2ブログ
RSS

関電役員への裏金

 こんなことで原発再稼働が遅れたら、それこそ国家の大損失である

 関西電力役員が、総額3億円余りの金品を受け取ったということが問題になっている。地元の建設会社である吉田開発が、会社顧問で高浜町の元助役を通して贈っていたらしい。なかには、1億円を超える金品を受け取った人もいた。菓子折りの底に金貨を潜ませるとは、なんとも時代がかったやり方である。

 吉田開発という会社は、建設事業を管理する地元ゼネコンである。受注業務を地元建設業者に委託し、差益と管理業務で売上を立てている。以前から工事受注で接待攻勢を繰り返していた。新原発の工事が3.11で見送りとなり青息吐息のところ、原発の対策工事を取り込んだらしい。

 ニュースで「街の声」を拾うと、必ず関電役員に対しての怒りの声を紹介する。金品を貰う立場でない一般の人々にとって、関電役員の収賄は、とても許すことができない。賄賂を受け取った人は、みっともない恥を天下に晒してしまった。運が悪かったと思って、あきらめるしかない。

               金ブタ

 しかしいま怒っている「街の人」も、自分が金品を貰う立場になったら、たぶん断れない。インタビューで素直に答える人ほど、断る力がない。執拗に押し付けられたら絶対に受け取る。怒っているのは、自分のところに声がかからなかったからである。

 また、関電役員をとっちめてやろうと、国会では野党連中が息巻いている。その野党議員の大半も、中国やロシアのハニートラップに罹っている。ハニトラの誘惑こそ断るのは難しい。もし私が触手を伸ばされたら、簡単に落ちる。そのハニトラ男が、賄賂を貰った役員たちをどう裁くのか見ものである。恥ずかしげなく自分のことを棚に上げるのが、議員の仕事だからである。
 
                タヌキの金玉

 そもそも今回の案件は、よく意味がわからない。(吉田開発が直接渡せばいいのに)なぜ元助役が間に立ったのか。その段階で、3億円が3億2000万円に増えたのも不思議である。3億円も税務署に摘発されるような、吉田開発の財務処理もおかしい。それに20億円の受注で3億円もバックしていたら、吉田開発のような薄利企業がやっていけるはずがない。
 また本来の裏金なら、関電から助役に渡るのが筋である。吉田建設より関電の方が、資金は潤沢にあるし、立地の便宜もあるはず。いったい誰が得したのか。
 すべておかしなことだらけである。
 関係者の話を総合すると、元助役はきわめて胡散臭かった。表に出ない力が働いていた。元助役が生きていたら、関電社長はあんな会見など開けなかったに違いない。

 たぶん動いたお金は3億円だけではない。反対側には、その何十倍も渡った可能性がある。これだけ金額が大きいということは、そのぶん原発はコストダウンの余地が大きいということである。原発はもっと安くできる。

 もっとも、いくら原発にお金を遣っても、そのお金は国内で回る。闇で同和利権を潤すかもしれないが、石油利権のように毎年何兆円も中東へ支払うことはない。中東へのお金は、北朝鮮やロシアに流れ、日本を脅かす。北方領土は袖にされるし、日本に対するミサイル性能はどんどん向上している。また(これも年間数兆円単位の)ソーラーパネル利権は、中国からの脅威を増やす。
 だから、こんなことで原発再稼働が遅れたら、それこそ国家の大損失である。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR