FC2ブログ
RSS

表現の不自由展

 再開するなら、昭和天皇を侮辱する映像と一緒に、作者への死刑宣告文を展示すべき

 あいちトリエンナーレ2019で、不適切な像を展示し中止していた「表現の不自由展・その後」が、性懲りもなく、今月6日にも再開する方針を固めたという。こんどは事前予約制を導入し、整理券を配布するなどの対策を講じるらしい。愛知県知事(高見盛の兄弟?)は、「会期末(14日)まであと2週間なので、誠意をもって関係者と具体的な協議を進める」と強調。再開時の混乱を防ぐため「作品の趣旨をしっかり説明し、見せ方も工夫したい」と述べた。

 こんどはどのような展示になるのかわからない。だが再開するとなれば、同じものが展示されるはず。あれほど展示物の問題が周知されたあとなので、さらに過激な脅迫が予想される。実力行使に備えた厳重警備は必須である。日本には決死のネトウヨ老人が多く、何が起こるかわからない。

           飛躍 私たちは幸せでした

 どうしたらいいか。
 過激犯が現れる前に、ガス抜きを行う。
 見せ方に工夫を凝らし、見学者も展示に参加させるのである。(ハイレベルとは思えない)出品者の主張だけ、一方的に展示するのは不公平である。広く一般にも参加の機会を与え、展示物作品を「改善」してもらう。ガソリンぶっかけOKにする。破壊こそ自然な意思表示である(芸術は爆発だ)。できないなら、それこそ「表現の不自由展」とする。

 あるいは日本人のセンスを生かし、しゃれたパロディにしたらどうか。追加展示や落書きを自由にする。旭日旗を纏わせたり、メッセージを込めたプラカードを下げるなど。寂しそうな少女像を賑やかにするアイデアは、いくらでもあるはずである。見る人の継続的な改善によって、歴史に残る作品に仕上がる。この際、同一性保持権などという既得権益は排除すべきだ。

              雷神 R1.9.07

 昭和天皇肖像を破壊した映像の横には、作者への死刑宣告文を展示する。これぞ芸術作品である。
 イスラムのムハンマドを揶揄した作家に死刑判決が下され、関係した者が数名殺害されたことがあった。翻訳した日本人も殺された。同じように、昭和天皇の肖像を燃やしその灰を足蹴にする動画を製作、及び展示したものは、極刑に処すべきである。
 日本人にとって天皇は神であり、神の世界は法の外にある。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR