FC2ブログ
RSS

理不尽な原発責任判決

 関係者が断罪されなければ事故の教訓を活かせず、文明の発展はありえない

 先日、東電の原発事故をめぐり、強制起訴されていた元会長勝俣恒久被告(79)ら3名の判決があり、全員が無罪を言い渡された。裁判長は、最大の争点だった2011年3月の巨大津波を予見できたかどうかについて、「予見可能性を認めることはできない」と判断したという。

 もちろんこの判決に対し、原発告訴団は、「被害者はこの判決に納得していない。弁護士が即時控訴することを望む」と反発している。

 まったくその通りである。私自身も納得していない。裁判上の法的テクニックは別として、東電の幹部たちは決して無罪などではない。もし彼らに責任がないとすれば、あの事故は、人知及ばぬ不可抗力の出来事だった、ということになってしまう。そんなこと、あるはずはない。

               裁判所 R1.6.12

 すなわち事故後におこった一つひとつの不具合を見ていくと、簡単な準備さえあれば起こらなかった。そのうちいくつかでも対策が施されていれば、あそこまで重大事故にはならなかったといえる。

 ハード面では、配電盤が集中していたこと、ベント機能、注水機能が不十分であったことである。具体的には、それらを動かすための、弁やモーター、動力の冗長性が不足していた。こんなものは、その気になれば簡単に低コストで対応できていた。
 ソフト面では、SPEEDEIと呼ばれる緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステムが、ほとんど避難の役に立たなかったことである。そもそも、20キロ以上の大規模避難は、まったく想定していなかったという。

 つまり、原発反対者に気を使うあまり、東電関係者はやるべきことを怠ってしまったのである。この罪は重い(反原発者も同罪である)。あの程度の津波発生を知らなかったはずはない。関係者が断罪されなければ、失敗が失敗でなくなってしまい、事故の教訓を活かすことが難しくなる。
 そんなことでは金輪際、文明の発展などありえない。それでなくても、世界の中で日本が取り残されようとしている。この判決は、それにいっそう拍車をかける、大きな火種をつくってしまったのである。

                 幽霊怖い
              
 そもそも、原発事故の「被害者」とは誰か。
 ふつうに考えれば、一番被害を受けたのは、東京電力である。原子炉が破壊されたうえ、補償金まで取られる。そのつぎに、原発の販路を失った原子炉メーカー、政府、自治体、最後に近隣住民となる。あの大災害では、2万人余りの人が亡くなった。だが、原発事故で直接亡くなった人はいない。逃げ回っている人は、放射能という「亡霊」に脅えているだけである。そのうえ補償金まで要求している。

 したがって、最大被害者である電力会社を貶めた人々を断罪することで、再発防止を確実にすべきである。
 そして、摺合せ技術の向上でしか生きるすべのない日本は、原発エネルギーは、何がなんでも進めなければならない。人々の放射脳アレルギーに配慮している余裕などまったくない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1056)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (269)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR