FC2ブログ
RSS

コミュニケーション

 韓国政府が日本に取っている態度は、会話の原則に真っ向から反している

 これまで私が訪問した、80%以上の企業経営者は、自社の内部課題として、コミュニケーション不足を挙げていた。経営者と幹部、或いは従業員、顧客や仕入れ先など、社内外でコミュニケーションが必要な場合は無数にある。数多くの会議体や伝達のためのしくみをつくりながら、形式だけに終わっている組織もある。
 コミュニケーション不足は、「整理・整頓」と同じ、企業自身が問題だと認識していながら、改善されることがない。永遠の課題である。

 そのコミュニケーションにおける会話で重要なのは、相手の話を聞くこと。すなわち「傾聴」である。その場合、つぎのようなルールを守る。

①他人の意見を批判、否定しないこと
②他人の意見は、どんどん広げていく
③愚痴や不満を言わない

 つまり多くの場合、コミュニケーションは、討論ではない。意思や内容がうまく伝わることが大事である。
               私たちは幸せでした
            
 これに真っ向から反しているのが、韓国の日本に対する言動である。
 黒田氏によると、韓国人は日本からの発信に対し、必ずつぎの3つの姿勢で対応する。

①論点をすり替える
②声高に威嚇する
③国際社会に触れ回る

 まさにいま、韓国政府が日本に取っている態度である。日本が韓国の輸出入管理体制の不備から、韓国をホワイト国から除外したことに対し、日本の言い分を聞かず、罵詈雑言の限りを尽くしている。

①ホワイト国除外は、徴用工問題の意趣返しであることにしてしまった
②盗人猛々しい日本、天皇がひざまずいて謝罪せよなどとする、大統領や側近の言動
③WTOや国連、アメリカ、EUの高官などに、怒濤のロビー活動を行っている

 これは「傾聴」とは対極にある。さらに日本の放射能管理にいちゃもんをつけ、昨日は、GSOMIAの破棄まで決定してしまった。さらに竹島への不法上陸ももくろんでいる。日本は単に貿易管理体制を変更しただけなのに、その100倍も次々と嫌がらせの手を繰り出してくる。あきれるほどしつこい。たちの悪いストーカー以上である。
 これでは、いつまでたっても会話は成り立たない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1064)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (126)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR