FC2ブログ
RSS

MMT理論とは

 この理論の実践によって、人間の金銭欲望にきりがないことを証明できる

 最近、MMTという経済理論が注目されている。これはおよそ、つぎのようなものである。
①政府は税収に制約されず、自国通貨建ての国債発行で財政支出を調整できる。そのことで、望ましいインフレレベルを目指す。
②その自国通貨建て国債発行額には、原則として制約がない。供給力さえみておけば、財政赤字を気にする必要はない。
③政府が国債を発行し積極的に財政政策を打つことが、需要の創出になり、企業の投資意欲を生み出し、生産活動に結びつく
④政府の赤字は民間の黒字。つまり政府の負債が増えることは、反対側で民間の預金が増える。したがって国民は、「国の借金」などをまったく気にする必要はなく、むしろ喜ぶべきである
⑤民間に資産が十分になくても、国債発行はできる

 なんのことはない。ややこしいことは別として、おおむね私がこれまで、このブログでさんざん書いてきたそのままである。もっともMMTの内容は、以前からあちこちで書かれており、私のブログも、それをつなぎ合わせたに過ぎないのだが。

               金の成る木

 ただ、MMTに否定的な人は多い。
 元大蔵省の小幡績氏は、反対の立場から、つぎのように言っている。
①まず、MMT、消費税反対者、リフレ派は、現在のコストを先送りするポピュリズムである。つまり将来世代のリスク負担によって、現在世代がメリットを受けるだけである。そして現時点でも、有効な投資機会を奪ってしまう。 

②また、日本はインフレにならないから、果てしなくムダ遣いし、将来の資源が奪われてしまう。MMT理論自体が、財政支出が効率的にならなくて、そのメカニズムを破壊するところにあり、ここに致命的な欠陥がある

③さらに、日本のようにインフレが起きない国では、財政赤字が無限大になってしまう

                タヌキの金玉

 しかし、そもそも政府が財政支出を行うのは、民間投資が減少しているからである。膨大な金融緩和でゼロ金利なのに、まるで民間投資が伸びない。金融機関もオレオレ詐欺に便乗し、年寄のお金をおろそうとしない。だから「しかたなく」政府は、財政出動でカバーしているのである。もし財政出動がないと、供給力が遊んでしまい、次第に経済が減衰していく。

 それに、財政赤字が無限大になることの、何が問題なのか。
 これまでも累積財政赤字は、10兆円からはじまり、30兆円、100兆円、500兆円と無制限に拡大してきた。たしかにそのたび、「大変だ」コールは起こっていたが、何のことはない。国民が金持ちになっただけである。日本人は、いったん懐に入れたお金は、2度と使おうとしないことがよく分かった
 そう考えたらMMTは、人間の金銭欲望にきりがないことを示す、格好の実践理論なのである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1064)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (272)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (126)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1073)
 社会一般 (171)
 高齢化、医療、死生観 (266)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (56)
 文化、スポーツ、演劇 (89)
 教育、学問、科学、宗教 (50)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (113)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (518)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (36)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (67)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR