FC2ブログ
RSS

愛知展示物の除去

 一方的な嫌がらせ展示ではなく、観客参加の自由な表現芸術にすべきだった

 名古屋で開かれている国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が物議を醸し、中止に追い込まれたという。
 この企画展では、慰安婦少女像や昭和天皇が燃えあがる映像作品などを展示していた。じつは、私が名古屋で研修を受けているとき、家内がこの展示を見て衝撃を受けていた。普通に考えれば、これらを日本の公共の場所で公開するのは、どうみてもやりすぎである。芸術祭の実行委会長を務める大村秀章愛知県知事は、テロ予告や脅迫など抗議の電話やファクスが相次いだため中止すると発表した。

 この展示中止に対し、企画展の実行委員会メンバーや市民団体は、「戦後最大の検閲」、「表現の自由の弾圧」として、抗議を行っている。左翼メディアも、この中止に対し否定的な見解を示している。
 私自身も、いくら脅迫があったとはいえ、一方的な展示物の除去は問題があると思う。いくらなんでも、日本でこのような展示がなされれば、過激な脅迫があるのを覚悟しない方がおかしい。脅迫のせいにして展示を中止し、「表現の自由の喪失」とか「検閲」などと、被害者ヅラするのは虫唾が走る。中止にして、わざと騒動を大きくしたとしか考えられない。

 これまで、百田尚樹氏や桜井よし子氏などの講演会が、過激派の強迫で中止になったこともあった。今年は丸山議員が、戦争発言のため、国会辞職勧告まで追い込まれた。まちがいなくこれらも表現の自由の侵害であった。(個人のセキュリテイの問題もあって)前2者は脅迫に屈し、丸山氏はボロボロになっても権利を貫いている。

              私たちは幸せでした
 ではどうすればよかったのか。
 そもそも今回の展示は、「表現の不自由展・その後」というタイトルにあるように、単なる不適切品の展示ではない。少女像や昭和天皇を燃やす映像は、日本に対する嫌がらせや侮蔑の象徴であって、それ以外の何物でもない。まさに政治的プロパガンダである。イスラエル国会前でのナチズム礼賛、イスラム教徒に向けてムハンマド侮辱、韓国青瓦台でライダハンの像を展示するのと同じである。だから日本では、これまで表現できなかった。それをあえて展示したのである。

 したがって、メッセージなしにこれらを展示するのは一方的すぎる。これまで問題があってできなかった展示を行うのだから、ひと工夫もふた工夫もなければならなかった。
 たとえば、観客との合作である。
 展示物を見る人たちに、自由に改変してもらうのである。もし破壊されるなら、それでいい。ガソリンぶっかけOKにする。破壊こそ自然な意思表示で、それも表現の自由ではないか。できないのなら、それこそ「表現の不自由」である。・・芸術は爆発だ!?

 そこまでいかなくても、日本人のセンスを生かし、しゃれたパロディにしたらどうか。いわゆる傾聴(ダイアログ)の考え方で、他の意見を広げていくやり方である。かって、日本鬼子をアニメの萌えキャラにした例がある。私なら、「少女像」を破壊などしない。像の前後に表示板をぶら下げる。そこに「日本の兵隊さんありがとう」、「わたしは幸せでした」、「集りの売春婦を許してください」などと書く。逆恨みされるより感謝される方が好ましいし、みなが幸せになる。少女に袋をかぶせるより平和的である。
 今回の展示で面白いアイデアを集めてブレイクさせ、日本への嫌がらせを萌え殺したい。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :