FC2ブログ
RSS

韓国との関係

 いま韓国側の要請に従ってしまえば、日本は未来永劫韓国に従属しなければならない

 昨年の徴用工訴訟、レーダー照射事件から、こんどの輸出管理見直しに対する韓国側の言動を見ると、とても正気の沙汰と思えない。明らかなシロもクロと言い張る。絶対譲ろうとしないのは、たいしたものである。少しでも、考える力と恥ずかしい気持ちがあったら、とてもできない。

 まともに韓国側の言い分を聞くと、普通の人は仰天する。どんな贔屓目に見ても理屈になっていないからだ。徴用工判決やレーダー照射の、抗議に対する強弁。そして今回の大騒ぎである。日本が韓国を貿易ホワイト国から外した理由は、韓国が戦略物品の適正な取り扱いを説明しないからである。反対に、「韓国に輸出した戦略物品の不適正さを日本が証明しろ」という。まともな行動をせず、WTOや米国などに仲裁を頼む。さらに、WTOで他の国が反応しないことも、平気で「韓国側の正しさが証明された」と捻じ曲げる。
 これでは、屁理屈名人が、ダダをこねているとしか思えない。北方4島がロシアに掠め盗られたように、国家間ではこんな理不尽なことが許される。

              ねねの祟り

 だれが見ても不条理極まりないこの韓国側の言動を、正常だと思う人が、日本人のなかにもいる。いくら、ファスト&スロー(人は理屈でなく最初に感じた行動を続ける)といっても、限度があるだろうが。そのことに驚愕する。

 たとえば、日韓関係の悪化を憂慮する有志「知識人」たちが、「韓国は敵なのか」というタイトルで、インターネットを通じて声明を出し、賛同を求めている。日本政府の韓国に対する「輸出規制」に反対し、即時撤回を求めるものである。いまのところ、山口二郎氏、和田春樹氏、香山リカ氏など、77名の呼びかけ人がいる。もともと彼らは、韓国や中国の立場に立ち、日本の不利益になることしか言ってこなかった。

 彼ら「知識人」だけでなく、日本の左翼メディアも、韓国側の主張を代弁している。
 そもそもかれらは、日本が武器輸出を解禁することに反対していたはずではなかったのか。ここまで韓国側に肩入れする理由が全く理解できない。

              サクラ咲く②H31.4.06

 今回の韓国に対するホワイト国見直しは、いまさら変更できない。4万件パブリックコメントにみられるように、日本人のほとんどが賛同している。今回、韓国側の要請に従ってしまえば、未来永劫韓国に従属しなければならない。寄生虫は排除しなければ、共倒れになる。
 これまでの日本政府の優柔不断な態度が、「朝鮮半島の植民地支配」、「慰安婦」、「南京大虐殺」などの歴史冤罪と自虐史観を発生させ、日本を外交劣勢に立たせてしまったのである。これ以上は、とても耐えられない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :