FC2ブログ
RSS

IT社会における日本企業

 これ以上日本製品(サービス)を海外販売するより、国内消費を増やす方が豊かで幸せになる

 IT情報産業の特徴のひとつは、その量産効果である。ものづくりとは異なり、複製するのに、圧倒的に資源や労力を抑えることができる。対象となるユーザーが多ければ多いほど、利益が拡大する。在庫リスクもほとんどない。情報産業であるから、顧客とのコミュニュケーションが決定的な価値となる。

 したがって、世界で20億~40億人とも言われる英語圏を対象とする企業は、その出発点から優位に立つ。その象徴が、GAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)である。英語圏ほどではないが、16億の中国、13億のインドもそれに続いている。
 日本の人口は、その10%にも満たない。情報を売り物にする日本企業は、最初から大きなハンデを負っている。

 では、日本の中小企業はどうすればいいのか。
 西和彦氏(元マイクロソフト社副社長)は、「まず英語でホームページをつくれ」という。たしかに、中小企業の商品を海外に紹介するビジネスを行っているところは、それなりの収益を挙げている。中小企業でも、全体の10%くらいはそうしたほうがいい。

              旅館の朝飯 H30.6.16

 残り90%の中小企業はどうするのか。
 デフレで減速しているとはいえ、日本は未だ経常黒字が続いている。2018年度で、およそ20兆円。累計で300兆円を超え、それを国民が溜めこんでいる。そんな状況で、これ以上日本製品(サービス)を海外に販売する必要があるのかどうか。いくら金があっても、遣わなかったら意味がない。

 本来なら海外との黒字分は、日本国民が消費すべきであった。せっかく日本人が作った素晴らしい製品やサービスを外国人に享受させる必要はない。もっと日本人が欲しいものをつくり、日本人がたくさん消費する。モノもお金も技術も日本に残る。それが豊かになるということである(民間がやらなかったら、20兆円を軍事費として支出してもいい)。

 20億や16億に比べて少ないといっても、日本はまだ1億人以上の人口を抱えている。しかも全員日本語堪能である(あたりまえ)。日本の大半の中小企業は、この日本人を相手にするだけで充分である。とても海外に目を向けることはできないし、その必要もない。

 そのなかで、これから世の中に推奨したいビジネスがある。
 修復ビジネスである。(続く
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR