FC2ブログ
RSS

放射性廃棄物

 天然資源の無い日本にとっては、このエネルギー源を捨てることは国を滅ぼす

 昨日、竹内純子氏のエネルギーセミナー「原子力の未来について学ぶ」を受講した。ゲストは、山口彰氏(東大大学院教授)で、原子力やエネルギー工学、リスク評価を専攻している。久しぶりに原子力専門家の話を聴いた。

 山口氏がとくに強調していたのが、使用済みのMOX燃料を繰り返し再処理して燃料化する、次世代高速炉クローズドサイクルの必要性である。資源を有効利用するだけでなく、長期的に放射性毒性を有するマイナーアクチ二ド元素を繰り返し燃焼させ、毒性を低減させる。すでにロシアや中国では、かなりのところまで進んでおり、インドも続いている。
 
 この場合でも最後には、放射性廃棄物が残ることは避けられない。とくにいまの高レベル放射性廃棄物ガラス固化体は、500㎏で1500SV/Hという強烈な放射線と2.3KW/Hの熱量を有している。
 次世代高速増殖炉が停滞している日本では、まさにその処分が問題となっている。

     エネセミナー 竹内 R1.6.10       エネセミナー 山口R1.6.10

 だが人間にとって危険な放射線は、人間の天敵である病菌にはもっと危険である(敵の敵は味方)。もちろん熱源にもなり得る。天然資源の無い日本にとっては、このようなエネルギー源を捨ててしまうのは、きわめて勿体無い話である。IT分野で後進国となった日本が、エネルギー分野でも他国の後塵を拝するようなら、未来は真っ暗である。世界の最貧国になり餓死者が続出する。悲惨な日本を想像したくない。
 このことについては、本ブログでも散々主張してきた。放射線のリスクを恐れ、このままゆで蛙になるのはまっぴらである。

 一般に廃棄物利用の効率が悪いのは、それが散らばっているからである。「分ければごみ、集めれば資源」となる。ほとんどの資源は、集めるためのエネルギーが、かなりの部分を占める。
 その点原子力施設の廃棄物は、廃棄された時点で、極めて厳格に分別されている。
 つまり原発廃棄物は、資源を利用する上の最大障壁をクリアーしているのである。あとは、それを有価物に変換するだけである。永久機関でないのだから、できないはずはない。毒性が強ければ強いほど有効活用できる。放射線を遮断し、ヒートポンプなどの熱源として利用することも可能である。

 もんじゅや六ヶ所村では、マスコミがわずかのトラブルに目くじら立てるので、担当者は嫌気がさしてしまった。中国への人材流出が続いている。多少の放射能漏れくらい何の心配もない。足を引っ張るしかない放射脳患者を気にせず、どんどん失敗すべきである。失敗を許容し続けなければ、もう2度と日本は再生しない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR