FC2ブログ
RSS

政治家の評価

 むしろ「品行方正」過ぎて、大きく国益を損なった議員たちがいる

 政治家とくに国会議員ともなると、いつも注目されているので、何か異常行動があれば直ちに白日のもとに晒される。丸山議員の酒癖の悪さとか、桜田5輪大臣の度重なる失言、あるいは数多くの不倫などは、すこし気配があるだけでいっせいに暴露される。

 ただこんなものは、人格の問題でしかない。たかが陣傘の国会議員に、清廉さを求めるのは無理である。議員ならその政治的行動で評価されるべきで、重要なのは国益に合った言動をするかどうかである。むしろ品行方正な人は、自分のことだけで精一杯で、国のことなどかまっていられない。破天荒な議員ほど国益にかなう場合が多い。
 その観点から最近、「品行方正」が過ぎて、大きく国益を損なった議員たちがいる。

               怪人

 まず維新の会が、ロシア大使館に、戦争発言について謝罪を行ったことである。
 そもそも北方領土は、火事場泥棒行為でロシアに略奪されたものである。その盗人相手に謝罪するなど、あきれ返ってものも言えない。北方領土は日本のものでないと言うのと同じである。そして今後の交渉では、決して戦争など力に訴えたりはしない、ということになってしまう。これを世界に発信してしまった。まさにロシアの思う壺である。

 つまりこの謝罪によって、日本の使える大きなカードをいくつも失ってしまったのである。これほど売国的な行為はない。維新はただちに消滅すべきである。
 本来丸山発言は、内容についての国民的議論を拡大することで、ロシアにプレッシャーを与えられたはずであった。酒癖の悪さなど、2のつぎ3のつぎである。


 つぎに岩屋防衛大臣の、韓国に対する態度である。
 徴用工、レーダー照射、慰安婦財団解散など、韓国は、つぎつぎと日本に因縁を吹っかけている。これは日本がどうこうするものでなく、すべて韓国の対応如何にかかっている。レーザー照射など、謝罪すれば済んだものまで、逆キレするから始末に負えない。これらは、韓国トップが代わり沈静化するまで放っておかねばならなかった。

 それがこともあろうか、防衛大臣のほうから韓国にすり寄ってしまった。これでは、日本側が悪かったという、とんでもないメッセージを韓国そして世界に送ることになる。自民党内部からも批判が噴出している。「怒りを禁じ得ない」、「政府全体の評価として選挙にも関わってくる」との声もある。岩屋大臣も品行方正が過ぎた、罷免すべき重大行動である。


 立憲民主や共産党などは、最初からないと思ったほうがいい。期待していないし、単なるかませ犬である。ここで批判してもはじまらない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1053)
 原発、エネルギー (145)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1058)
 社会一般 (165)
 高齢化、医療、死生観 (263)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR