FC2ブログ
RSS

エネルギー密度と事故

 圧倒的多数の人の死に場所となるのが、ふとんの中と風呂の中である

 移動手段やエネルギー転換など、たいてい大規模化するほど集約度が高まり、効率が良くなる。移動の場合は、徒歩、自転車、バイク、乗用車、バス、船舶、航空機の順番で輸送効率は高い。また大規模化するほど、移動距離当たりの死者数は少ない。
 エネルギーでも、資源の採取から設備の建設、運転期間中までで、単位エネルギーあたりいちばん死者の少ない安全なのは、核エネルギーを使った原発である。

              獅子奮迅

 核のエネルギー源としての利用は、原発だけではない。半減期88年のプルトニウム238は、その放出エネルギーを電池として利用できる。最初1㎏あたり540Wで100年以上使える。宇宙旅行には、このエネルギー密度の高い核エネルギーが欠かせない。α線だから、取り扱いは容易である。もちろん家庭で使用してもかまわない。

 γ線やβ線も、もちろんエネルギーに変換できる。
 家庭用の小型原子力電池は、いくらでも可能である。核エネルギーも、小型化すれば便利である。ただ小型化すれば、事故の確率は高くなる。大規模原発のほうが安全である。
 原子力というと拒絶反応する人はいる。そんなことを言っても、すでに社会には病院や研究所などあらゆるところに、放射性物質は散らばっている。そもそも一歩地表を離れたら、上も下も強烈な放射線の世界である。放射線から逃げていては、人類は生きのびていけない。

                大砲 H30.7.17
 
 戦争における大量殺戮は、原始的手段によるほうが圧倒的に多い。大量に死者数を増やすのは、ナタと斧である。ルワンダやポルポトの大虐殺。住民を皆殺しにした元の大遠征も、今からみたら大した兵器ではなかった。これまで何十億人もの人々が殺されたが、核兵器で亡くなった人は広島・長崎以外にいない。

 みなが危険だと思っているものほど、じつは安全なのである。
 そしてほんとに危険なのは、みなが安心しているところである。圧倒的多数の人の死に場所になるのは、ふとんの中と風呂の中である。腹の上もある。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR