FC2ブログ
RSS

相続手続き④

 認知症気味の私は、やることはすぐやらないと、覚えていられなくなる

 ややこしい手続きの中で、今日ようやくその一つが終わった。「未支給年金の請求手続き」である。3~4か月後に、故人の1か月分の年金を受け取ることができる。故人の住民税などいろんな支払が続くので、20万円でもあれば助かる。
 あとは、遺言書の検認を貰って遺産分割協議書をつくる。そのあともいろいろある。

 一昨日は、登記所で「法定相続情報一覧図」の検認を貰い、その足で家庭裁判所に遺言状の検認申請を行った。例によって書類は不備だらけで、修正印鑑で真っ赤になる。それでも、遺言書が検認されるには半月以上かかるという。これでまたブランクが生まれる。
 そもそも、「遺産分割協議書」があれば、正式な遺言書などいらないのではないか。わけがわからなくなってきた。

                ボケ

 認知症気味の私は、やることはすぐやらないと、覚えていられなくなる。
 5月7日の連休明けから、さっそく関係書類を集めるため役所へ行った。だが、まだ死亡手続してないと言われ、歯車が狂ってしまった。死んだ人の戸籍文書をつくるのには、10日かかるという。そんなに長く覚えていられない。せっかく付け焼刃で身につけた知識が飛んでしまった。
 
 なにも、理論的に難しいことをやるのではない。ただ、書類作成上の微妙な決め事が有象無象にある。常識で通ることもあるし、それぞれの役所の決め事もある。それぞれの窓口で、間違えながら少しづつ覚えていくしかない。
 こんなアホな経験が、これからの人生に役立つであろうか。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :