FC2ブログ
RSS

検査の日

 死ぬ覚悟はあっても、いざ癌を宣告されるのはしんどい

 今日数か月ぶりにPSA検査を受け、異常に跳ね上がっていた。飲酒と体育祭の疲れのせいだと思うが、癌細胞が膨らんできた可能性もある。

 ただ、「受ける意味がない健康診断の項目」という記事のなかに、代表として「PET健診」と「腫瘍マーカー」が挙げられていた。
 「PET健診」は、放射性薬剤を体内に投与し、その分析を特殊なカメラでとらえて画像化するものである。重要ながんが見つかりにくいだけでなく、治療の必要がない小さな腫瘍を感知してしまう。不安を煽ったうえ、見落としも多いらしい。

 「腫瘍マーカー」も精度があまりに悪い。がんでなくても反応してしまうことがあるのに、がんには反応しない場合がかなり多い。しかも、風邪をひいた程度でも上がる。このひとつが、PSA検査である。
 そもそも80歳代の約4割が前立腺がんを持っている。その半数は前立腺がんでは亡くなることはない。すなわち前立腺がんの半分は、発見と治療が不要な、おとなしいがんである。

                すっかりうば桜

 PSA検査で、高齢者を対象に前立腺がんを発見できても、治療そのものが体に負担をかける。治療により死期を早めてしまう危険性すらある。確定診断(前立腺に針を刺す生検)でさえ、出血、炎症などの副作用が生じる可能性がある。そこでがんを発見できたとしても、治療不要ながんであるかもしれない。治療した場合には、治療後遺症として尿失禁やインポテンツなどが生じることもある。これなら治療はもちろん、診断もいらない。

 それに数か月に一度、PSA値の測定・診断を受けに行くことが、きわめて重荷である。死ぬ覚悟はあっても、いざ癌を宣告されるのはしんどい。あるいは、苦痛の生体検査を受けるかどうかの判断を下される。その間、きわめて高いストレスにさらされている。しかも、待機時間が2時間もある。診察の終わったあと、安心とバカらしさでぐったりする。たぶんこれで10年は寿命が縮む。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR