FC2ブログ
RSS

賞味期限切れ食品販売

 思い込み食中毒を起こす人が出たときが、このビジネスモデルの正念場である

 最近大阪に、賞味期限切れや期限間近の食品だけを扱う専門店がオープンした。いまあちこちで、このような賞味期限切れの食品を売る店が増えている。東京では、大森や代官山にもあるらしい。賞味期限切れの商品を20円均一で販売したり、目玉商品として、無料で販売(?)するときもある。

 日本では、食べられるのに廃棄される食品が、年間2000万㌧。食品全体の30%にもなる。ほとんどが弁当や野菜くずなどで、保存食品の賞味期限切れはほんの一部と思われる。それでも多少は、廃棄食品を減らすことになる。古い食品を持っているところも、廃棄費用をかけるくらいなら、無料で卸してもいい。

 賞味期限切れ商品は、ほとんど仕入れ値ゼロである。したがって販売価格は、普通の販売店のマージン分ということになる。販売量にもよるが、定価の20%くらいか。安くて販売量が増えれば、もっと低くてもいい。刺身やビールはともかく、定価の10%なら、期限切れくらい喜んで買う。運動会の打ち上げなど、大量消費する団体パーティには、もってこいである。片町のスナックやバーのおつまみにも最適だ(腐っていてもアルコール消毒する)。

              不用品のたたき売り H28..10.23

 だが、私の周りに販売店を見かけない。地方で普及しないのは、安定した仕入先がないからであろう。食品会社にとっても、商品のブランド価値が下がるので、古い商品が出回るのは面白くない。ニーズはあるのでぜひ普及させたい。

 このビジネスモデルは、日本中に広まるであろうか。もしなにか事故があれば、潔癖症の日本人は、拒否反応を起こす。食中毒を起こすことは考えにくいが、神経質な人が食べれば、その思い込みだけで病気になる。放射脳と同じである。
 そのハードルをくぐれば、賞味期限切れ食品販売は定着する(我々のような、賞味期限切れ人間の始末もある)。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1062)
 原発、エネルギー (149)
 歴史認識、軍事、外交 (271)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (125)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1065)
 社会一般 (168)
 高齢化、医療、死生観 (265)
 格差、差別、弱者、女性 (99)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (88)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (516)
 中小企業施策 (77)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (66)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR