FC2ブログ
RSS

女性天皇

 一度でも女系天皇が即位されたら、日本は芯の無いゆで蛙状態になる

 新しい天皇の即位を機に、女性・女系天皇を認めるべきという意見が、左翼メディアを中心に活発になっている。先日、共同通信が行ったアンケートでは、皇室典範の「男系男子」に限るとした皇位継承について、「女性天皇」を認めることに賛成は79.6%もあったという。多くは愛子さまのことを念頭に答えたのであろう。「女系天皇」について触れていないところが胡散臭い。

 この問題はとっくに決着がついているはずであった。理解できない人が多いので、忘れたころを見計らって出してくる。無知な人たちに付け込み、どさくさに紛れ女系天皇容認を世論の大勢にしようとする。このような侵略に耐えるのは、国民の義務である。
 日本の破壊を目論む国は、皇室典範を直し、女性皇族から女性天皇容認の機運をつくったうえ、女系天皇にまで踏み込もうとしている。サラミ戦術である。

              継体天皇像 h30.11.18

 もし、女系天皇が即位されたとしたらどうか。その時点で日本は終わり、おそらく内乱がはじまる。日本の継続を願う人たちを中心に、本筋の男系男子の天皇を擁立した独立運動は避けられない。南北朝時代のように、日本が分断される。
 もし分断されず、一度でも女系天皇が即位されたあとで皇統が続いた場合、それこそ日本は芯の無いゆで蛙状態になる。

 日本が弱体化することを願っている国は多い。かれらは深く静かに浸透し、マスコミによって世論を牛耳るところまで来ている。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :