FC2ブログ
RSS

書類と本の整理

 トラック一杯のガラクタを処分するための大騒動がまもなくはじまる

 こんどは私の終活のひとつ、書類の整理を行っている。ほとんどは、20年前に始めた仕事関係のものである。訪問・診断した企業の診断内容や決算書類が多く、そのまま捨てることはできない。廃品回収に出せないので、始末に困る。薪ストーブがあれば燃やせると思ったが、だめらしい。薪ストーブで紙を燃やすと、煙突に灰がつまり周囲に飛散する。また、相当量の灰が残る。

 したがって、読み取れないようにして家庭ごみに出すしかない。シュレッダー機がないので、人間シュレッダーが書類を粉砕する。企業名や内容がわからなくなるまで紙を破る。一度に出せないので、毎週20㎝ぐらいづつ処分している。あと1年くらいかかりそうだ。
 ほとんど10年以上前のものなので、情報としての価値はないのだが。

              窓の花 本体は枯れても元気な 朝の顔(平成25年9月16日撮影)

 あとは、本である。1000冊はないと思うが、雑誌や単行本取り混ぜたら、大八車一杯になる。これこそ古紙として廃棄できるが、ただで捨てるのは惜しい。1冊1500円として、買った時は150万円である。それでも古本屋に売れば2足3文にしかならない。いっそ自宅を古本屋にしたらどうか。1冊100円で10万円。1000冊の本に値付けするだけで、それくらいコストがかかる。

 本や書類を整理していると、有象無象のガラクタが出てくる。使わないのだが、捨てるには惜しい。だからどんどん溜まる。じつは、こんなものは序の口である。先日亡くなった父親のガラクタが、それこそトラック1杯ある。この始末に頭を痛めている。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR