FC2ブログ
RSS

もうすぐ10連休

 連休明けまで、恐ろしいニュースが出ないことを祈る 

 来週27日(土)から、本邦はじめての10連休がはじまる。
 10連休といっても、学校や役所など公的機関や銀行、大企業などが休日に入るだけで、すべての国民が休むわけではない。とくに忙しいのが、人が休んでいるときに働く人である。休暇で旅行に行く人が増えれば、運送業者や宿泊施設など観光産業従事者は、かきいれどきである。また収益性の低い中小企業が、一気に10日間も休んだら、首が回らなくなる。売り上げが上がらないのに、固定費はどうしてもかかるからだ。

 また、多くの人が心配しているのが、医療機関である。急病で救急車は来るだろうが、その先がない。治療を受けることができずに亡くなる人が、日本中でどれくらい発生するのか。
 これについては大丈夫である。おそらく大した数ではない。基本的に医者が治療して治る病気は少ない。むしろこれをきっかけに、病院へ行かない人が増えれば、世の中は助かる。

              ダイビング禁止

 そして、10連休に活躍するのが、空き巣や詐欺師などである。最近、SNSで個人情報を発信する人が多く、彼らにとってのビジネスチャンスが広がっている。「顧客」の情報を手軽に得られるのだから、成功確率は高い。連休前には、金融機関から現金をおろす人も多く、世の中にはお金が唸っている。

 そしていままさに、生きるか死ぬか、断末魔の唸り声を挙げている高齢者がいる。宇多田ヒカルの歌声に似て、何を言っているかわからない。あと1日持つかどうかの積み重ねが、すでにひと月以上経過した。あとすこしがいつまでも続く。早く決着しないと、周りが大変である。すでにつぎが控えている。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :