FC2ブログ
RSS

植民地と国家

 とことん侵略を続けたら、中国やアメリカのような大国になれる

 チベット自治区では、中国政府による「開発」が急ピッチで進んでいる。
 世界の目もあって、物理的な弾圧から文化的弾圧へと変わってきた。小学校は寄宿制となり、低学年から中国語で教育している。もとよりこの地区は、モンゴルやウィグル地区に先駆けて鉄道が引かれ、観光客が押し寄せていた。観光地としてのインフラ整備が進み、チベット人の所得水準が上がっている。
 
 そしてこの部分だけ見れば、日韓併合のとき、日本政府が朝鮮の人たちに対して行ったことと同じである。当時の日本も、朝鮮半島に大規模投資をし、インフラを整備し教育水準を上げた。これは間違いであった。百田尚樹氏が「いまこそ韓国に謝ろう」で語っていたことは、皮肉でなく真実だった。
 だから韓国民は、事あるごとに日本に対し過去の「植民地支配」を糾弾している。

              掘り起し中 H30.2.07

 チベットと韓国が大きく異なるのは、チベットは武力で制圧され、韓国は政府間の協議で併合されたことである。またチベットは徹底的に搾取され、韓国は与えられただけだ。その状況でいま、チベットは中国が自分の国だと主張しており、韓国は独立国である。韓国が反日なのは、日本が戦争に負け、韓国を手放してしまったからである。日韓併合のままなら、朝鮮半島はまだ日本であった。


 ものごとを成し遂げる最大のコツは、「成功するまで続ける」ことである。道半ばでやめれば失敗である。侵略もおなじ。途中でやめた国は、「侵略国」として非難される。とことん侵略を続けたら、中国やアメリカのような大国になれる。なにごとも中途半端はいけない。

 もっとも韓国の体質は何をしても変わらない。韓国が日本の一部のままだったらどうなっているか。日本がもう一つ、沖縄を抱えているようなものであった。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
臨界都市の福井に住む
 酔狂じじいがしつこく吠える
         妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1034)
 原発、エネルギー (141)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (126)
 憲法、法律、選挙、裁判 (95)
 政治家、政策、政局 (239)
 インフラ、防災、環境、人口 (119)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1040)
 社会一般 (160)
 高齢化、医療、死生観 (254)
 格差、差別、弱者、女性 (97)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (47)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (111)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (507)
 中小企業施策 (74)
 経営革新、戦略、手法 (95)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (64)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (74)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (53)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR