FC2ブログ
RSS

新元号決まる

 民主主義でも全体主義でも、決まったことには従わなければ世の中は成り立たない

 5月1日から、新元号「令和元年」がはじまる。
 昨日の発表のときは、多くの国民が固唾をのんで見守っていた。まったく違和感がなく、すっと肝に入るいい名前である。画数が少ないので、書くのが早くすむ。これで日本全体の生産性がすこし向上する。「驢」や「靁」など、30画以上あるような文字なら大変であった(他に、万〇という候補がいくつかあったらしいが、マンは何となく卑猥である)。ロバートキャンベル氏の、「平和になるよう仕向けようという、ポジティブな言葉だと思った」という解説にも納得する。
 発表までほんの一部の人しか知らなかったのも、神秘的である。

                鬼太郎

 しかし、どんなものにでも反対する天邪鬼は必ずいる。

 今朝の福井新聞朝刊の社説では、さっそくこの元号に噛みついていた。
①決まった以上受け入れるしかないが、納得できる説明がない
②令和の「令」は、命令の令で、「命ずる」「いいつけ」「おきて」の印象がある
③選考過程をわかりやすく説明し、元号の意義を捉え直したい
④「元号で、皇帝が時を支配する」という意識を政府が持っていたら問題である
⑤生前退位の元号決定だけに、密室選定でなく国民の意向を反映させるべきだった
⑥時代を区切る方法は、個人の自由である
 これは、共産党委員長や社民党党首のコメントとまったく同じである。福井新聞の半分は「赤旗」であった。

 右翼は右翼で、元号の事前公表に抗議して首相官邸に乗り込んで、抗議文をばら撒いたという。改元は、あくまで新天皇の下で定める。新元号を定める政令も、新天皇の御名・御璽であるべきなのである。

 お互い、言いたいことはわかる。
 だが、いったん決まったことに従わなければ、世の中成り立っていかない。これは民主主義だろうが、全体主義だろうが同じである。
 多少文句をつけるくらいは仕方ないか。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
臨界都市の福井に住む
 酔狂じじいがしつこく吠える
         妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1034)
 原発、エネルギー (141)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (126)
 憲法、法律、選挙、裁判 (95)
 政治家、政策、政局 (239)
 インフラ、防災、環境、人口 (119)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1040)
 社会一般 (160)
 高齢化、医療、死生観 (254)
 格差、差別、弱者、女性 (97)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (47)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (111)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (507)
 中小企業施策 (74)
 経営革新、戦略、手法 (95)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (64)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (74)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (53)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR