FC2ブログ
RSS

春の嵐と例大祭

 今日は予報通り冬に逆戻りである。夜中に大嵐がきて、少し晴れたと思ったら、また冷たい雨風になった。

 その不安定な天候の中、町内でお守りしている玄武稲荷神社の例大祭を行った。
 幸い30分ほどの式典の間だけ、太陽が顔を出していた。終わったとたん、こんどは吹雪である。なにかの怨念に祟られているのだろうか。
 式典には、いつも仕切ってもらえる近くの神主さんと、参列者が十数名。寂しいが、荒れた天候では仕方がない。

 例大祭 H31.3.31 稲荷神社 H31.3.31

 町内では高齢化が一段落した。80歳以上の人は、もう一人だけである。町内以外から毎年参拝してもらった来賓の人も、数年前から来られなくなった。こんどは我々の世代が高齢者である。新元号になると、一気に老化が進む。

 その代わりこの町内に、数年前から若い家族が入った。年寄りだけの限界町内だったのが、小学生以下の子供のいる家が4軒にもなった。少しづつでも、新陳代謝が見えてきたのはいいことである。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :