FC2ブログ
RSS

国の赤字は無限大

 日本政府が借金すればするほど、日本国民は本物のお金持ちになる

 初めて総額100兆円を超える予算案(101兆4571億円)が成立した。国債発行は32兆6600億円である。国の基礎的財政収支は9兆2千億円の赤字で、1100兆円を超えていた「政府の借金」がまた増える。
 
 本ブログで繰り返し書いているが、いまの日本では、「政府」が借金しなければならない。日本人は、お金は遣うのでなく貯めるために働いて稼ぐ。その国民の金融資産が、溜まりに溜まって1800兆円。さすがに多すぎて、借りて遣う人がいなくなってしまった。お金も遣わなかったら腐る。だから政府は、国民の代わりに遣ってあげる必要がある。政府がいくら遣っても、そのぶんまた国民の懐に入る。政府は際限なく「借金」を増やせばいい。

 そもそも国が破たんするとはどういうことか。
 国民が働かなくなったときである。自力で衣食住を賄えず、常に外国からの援助が必要な国である。自力で生きていけるなら、国民に対する借金はいくらあってもいい。むしろ政府が借金して遣わなかったら、働く人がいなくなって日本は滅びる。

              金の成る木
 
 そして財政赤字の中身によって、その深刻さがまるで反対になる。
 同じ政府が1000兆円の財政赤字の場合でも、
 ①ほとんど外国からの借金で、国民の金融資産はゼロ
 ②ほとんど国民からの借金で、国民の金融資産は1000兆円以上

 危ないのは①で、かってのアルゼンチンやロシアなど。それでも借金棒引きすれば何とか生きてはいける。
 ②はお金持ちの国で、これが日本である。

 国民金融資産が1800兆円もある今の日本で、もし日本政府が借金ゼロだったらどうか。
 今の政府の赤字1100兆円ぶんは、国民が外国へ貸していることになる。だがこれまで、日本を除いて借金をまともに返した国はない。したがって、国民の金融資産のほとんどは不良債権になってしまう。
 すなわち、日本政府が借金をすればするほど、日本国民は本物のお金持ちになるのである。(成長国家なら企業が借金するのが本筋であるが)


 いくら探しても、この経済素人の考えを改めてくれる理論に、まだお目にかかったことがない。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :