FC2ブログ
RSS

新車購入

 もらい事故のおかげで大量出費をする羽目になってしまった

 先日の事故で車の大修理が必要になったので、思い切って新車を買うことにした。まだ10年そこそこで走行距離5万キロ。廃車にするには惜しい。だが、いちど前輪のひん曲がった事故車で高速道路を走るのは怖い。

 それに私の残りの年齢を考えたら、運転するのはあと10年。高齢になると今の車のままでは危ない。私がぶつけられたように、私自身が加害者になる恐れがある。車を動かす時、前後に子供がいたらとんでもないことになる。崖から転がり落ちる可能性もある。
 そこで「最新?」の、自動ブレーキ付の車を購入することにした(今の新車はほとんどそうなっているらしい)。

                危険な赤い車

 しかし、いざ営業担当と話をすると思ったようにはいかない。
 これまでのヴィッツは、助手席に荷物を置く場合、飛び出さないように板を引き上げるようになっていた。非常に便利だったのが、今度はないらしい。その代わり、電子制御のわけのわからない機能がたくさんついている。また、崖から落ちるのを防止する機能はないようだ。
 それに、前の車で夏タイヤを交換してまだ1年しか経っていない。冬タイヤだけでいいと言っても、新車にタイヤはつきものだと言われた。

 トヨタの車といえども、細かいところで規格大量生産の名残が消えていない。営業マンの融通性がないのか、業界全体がそうなのかはわからない。
 それにしても、もらい事故のおかげで大量出費をする羽目になってしまった。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :