FC2ブログ
RSS

企業の生産性向上

 ハイリスクを背負えない日本人は、いまの仕事でチマチマと効率を上げるしかない

 なぜ日本企業の生産性は低いのか。
 宮川努学習院大教授は、「生産性とは何か」の中で、およそつぎのように書いている。
≪日本企業の生産性が低い要因の一つに、開業率の低いことがあげられる。つまり生産性の高い企業が参入し、低くなった企業が退出すれば全体で生産性が高くなる。その自然循環がなされていない。
また生産性が高い製造業ほど、海外移転が進んでいる。もちろんこれは経済全体ではマイナスの生産性となる。製造業が移転すれば、働く人は生産性の低いサービス業に従事せざるを得ない。

 ただ存続している個々の企業においては、生産性向上効果のほとんどが、既存の財の生産性変動ではなく、新しい財の導入と古い財の削減による生産性上昇効果によるものである。企業内の財の削減は、労働生産性の向上をもたらしている。≫

              タヌキの行列

 考えてみれば当たり前である。いまの製品を効率的につくる方法を考えるより、高く売れる新しい製品をつくったほうが儲かる。放っておけば、古い製品はどんどん価格が下がる。それ以上に効率を上げ続けるのは至難の業である。

 もっとも、高く売れる新しい製品をつくるのも難しい。むしろ古い製品の効率を上げるより困難である。千三つといわれるリスクを負わなければならない。冬山遭難でさえ槍玉に挙げるようないまの日本人に、ハイリスクでつぎつぎ製品開発を行うような気概があるとは思えない。

 したがって凡人は、いまの仕事の延長でチマチマと効率を上げていくしかない。それさえできなかったらおしまいである。
 では具体的にどうすればいいのか。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR