FC2ブログ
RSS

池江選手の闘い

 オリンピックで金メダルを取るより、もっと大きな感動をわれわれに与えてくれた

 競泳の池江璃花子選手が白血病を公表したことで、日本中が吃驚し心配している。来年のオリンピックに向け、日本競泳会のトップアスリートであり、伸び盛りの18才である。美人の世界的スイマーということで、病気でなくとも日本中の注目を浴びていた。
 彼女の病気は、新聞の1面に掲載され、TVのワイドショウでも連日取り上げられている。いま白血病は不治の病でないとはいえ、治療には年単位の期間が必要である。

 たくさんの著名人がコメントを出している。多くは池江選手の病気を案じ、早期の回復を願ったものである。その中で桜田義孝五輪相は、「盛り上がりが下火にならないか、若干心配している」、「本当にがっかりしている」などと発言し、それが物議を醸している。野党から一斉に批判の声が上がり、国会でも取りあげられている。
 たしかに桜田大臣の言葉は、他の人とはニュアンスが違っていた。やや不適切かもしれない。

              未来へのトンネル H29.12.19

 しかし桜田大臣は、決して悪気があったわけではない。単に言葉の使い方の問題で、こんなものを、いつまでも引っ張るものではない。繰りかえし表に出せば出すほど、発言の内容がわい曲・増幅され、肝心の池江選手を傷つける。野党やマスコミは、政争の具にしたり、視聴率を上げるために叩いている。それこそ不適切で、いい加減慎むべきである。

 それよりもっと大切なことがある。本人の思いの影響である。
 池江選手のツィッターコメントは、ようやく手が届くところまできた夢を一時断念し、新たに病気との戦いに向かう、気持ちの切替えをしっかり打ち明けていた。それがまた健気で胸を打たれる。これは彼女しかできない。池江選手は、同じような病気で苦しむ人を勇気づけた。そしてオリンピックで金メダルを取るより、もっと素晴らしい感動を日本中に与えてくれたのである(少なくともじじいの遭難騒ぎとは比べ物にならない)。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :

プロフィール

  佐治 眞悟

Author:  佐治 眞悟
本音を言えない人たちに代わって
     酔狂じじいが吠えている
           妄言ブログです
  
ブレーンストーミングなので、
    批判厳禁、ただ乗り大歓迎です 
「拍手」いただければ、励みになります

地元中小・零細企業の応援
         経営コンサルタント             

最新記事

カテゴリ

ホーム1 当ブログの紹介  (1)
ホーム2 当事務所の事業紹介 (1)
*政治・経済* (1055)
 原発、エネルギー (147)
 歴史認識、軍事、外交 (268)
 経済、貿易、財政、税制 (131)
 憲法、法律、選挙、裁判 (96)
 政治家、政策、政局 (244)
 インフラ、防災、環境、人口 (123)
 食糧、農林漁業 (46)
*社会・哲学* (1060)
 社会一般 (166)
 高齢化、医療、死生観 (264)
 格差、差別、弱者、女性 (98)
 時事、事件 (75)
 マスコミ、広報、ネット (55)
 文化、スポーツ、演劇 (87)
 教育、学問、科学、宗教 (49)
 生物、進化論 (26)
 山行、県外旅行 (112)
 地域、町内、祭、イベント (128)
*経営* (514)
 中小企業施策 (76)
 経営革新、戦略、手法 (97)
 知財、著作権、情報 (11)
 リスク (35)
 再生、倒産、資金繰り (9)
 マーケティング (40)
 ものづくり (65)
 人づくり (59)
 商品、固有技術 (76)
 個別 事例 (46)
*画像と俳句・川柳・詩* (182)
 山の景観 (51)
 山の花、里の花(桜) (61)
 旅行、温泉 (48)
 スポーツ(運動会)、祭り (19)
 その他 (3)
*アーカイブ* (3)
 平成25年1月(1~31日) (1)
 平成25年2月(1~28日) (1)
 平成25年3月(1~31日) (1)
*ブログ主の個人情報* (54)

月別アーカイブ

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR