FC2ブログ
RSS

いい女ランキング最下位

 自虐ネタでもとことん引っ張る。まちがってもいい女になろうと思ってはいけない

 「幸福度ランキング」、「生活満足度」など、多くの都道府県ランキング指標で、福井県は上位を独占している。このことは、福井県ではいろんな産業や文化が振興し、人々が豊かな暮らしを楽しみ、健康や学習能力が高いことを示す(ほんとか?)。

 しかし、唯一全国最下位のランキングがあった。
 gooランキングが、昨年12月に発表した「いい女がいそうな都道府県ランキング」である。この評価で福井県は、和歌山県と並んで、堂々の最下位を獲得した。ワンクリックのネット投票であるが、いくら怪しげな調査でも最下位は最下位である。

 ちなみにトップ3は、つぎの県であった。
 ①福岡県、②秋田県、③徳島県
 これでいくと、人口の多さには関係ない。2位の秋田県人口は100万人に満たないし、3位の徳島県に至っては、福井県より少ない。おそらく、そのときの美人女優の質と量の印象が影響するだけである。

              どうみても、うば桜 H27.4.14

 しかし、せっかくの最下位ランキングである。このランキングを定着させ、逆手にとってみたい。
 たとえば、ブランドランキングで最下位の茨城県は、全国47都道府県で最も魅力がないと、不名誉なレッテルを張られている。いまこの県では、お笑いタレントを採用したり、必死に巻き返しをはかろうとした。最近はあきらめて、「47位の県?上等でございます」と、挑発的なコピーを発信している。

 また長野県南箕輪村のマスコットキャラクター・まっくんは、2011年の「ゆるキャラグランプリ」では堂々最下位の「栄誉」に輝いた。「日本一人気のないキャラ」を逆手に取った自虐ネタでアピールし、確実にファンを増やしてきた。つまり最下位で自虐キャラという個性で、他のキャラとの差別化がはかられたのである。
 どんなものでも、トップと最下位は希少価値がある。


 では、福井の最下位ランキングはどのように活用すればいいか。
 まず、このネタをとことん引っ張ることである。まちがっても、いい女になろうと思ってはいけない。いまさらトップになるのは、コストパフォーマンスが悪すぎる。

 そして、この自虐ネタをもとに「ふくい美人コンテスト」を行い、「最下位?」を福井の観光大使に任命する。怖いもの見たさで、世界中から観光客が集まる。
スポンサーサイト



トラックバック
トラックバック送信先 :